逢瀬に向かう車窓から…美月

今週は大好きな東浪見で過ごします。

ご無沙汰しておりましたが、私は何とか元気を維持していますので安心してくださいね。

父の四十九日を済ませた後、長男が喘息の発作で入院したり、大雪が降ったりと慌ただしくて更新できなかった。

書こうと思うことがマイナスのことばかりで、もちろん毎日がハッピーディーではないことは、天下のヨーカ堂さんも言っているけれど、同じ数えるから幸せなことを思い浮かべていたいと思う。

先週は先生の家の庭に住むチッチ君に会えて、日曜日の午後を長閑に過ごすことができた。

悪チビルナちゃんも、今はすっかりと大きくなり、山猫ならではの警戒心は鋭いものの、どことなくのんびりとした箱入り娘になったようにも見えた⁇…ことにしよう(^^)

一昨日の夜、舞い落ちる雪を窓辺から静かに眺めていた。

まだ電車もある時間なのに駅から続く道にも足跡はなく、視界から建物の姿を消してしまうほど雪の白さが眩しい映った。

そうしたらね、笠地蔵の話を思い出して、思わず泣いてしまった。

名作中の名作だから(私的ランキングです)今更、あらすじは書かないけれど、私は昔話に出てくる仲良しおじいさんとおばあさんが大好きで、自分がおばあさんになったこの歳でも、たまに読み返しては感動してる。

子供の頃ね、物凄く考えさせられた話で、最近まで答えが出ないほど私には難問だった。

おじいさん、町まで笠を売りに行って、売れないからといって生活の糧となる笠をお地蔵様に被せてあげるんだけどね…。

そりゃ〜あね、雪の中で動けず寒さに耐えるお地蔵さんに会ったら私もおじいさんと同じことをすると思う⁈

私が凄いと思ってるのは、おじいさんではなく、そんなおじいさんの話を聞いて、おばあさんがニコニコしながらおじいさんの行為を受け入れるところなんだよね。

子供の頃の私ならね、「馬鹿じゃない!、明日食べるご飯もないのに笠あげちゃってどうするの‼︎!!」と責めたあげく、しばらく口は聞かないと思う。

でもね、おじいさんが先生だったらと置き換えてみると、私もおばあさんみたいに笑っちゃうと思うんだよね。

人はね、一緒に生きる人によって善人にも悪人にもなれるんだよね。

本当はね、幸せか不幸かなんて大したことではなくて、愛があれば心豊かに暮らせるのだと感じてる。

愛では飯は食えないと言われ続けて生きてきたけど、お腹が膨れても心が満たされなければ空腹に変わりないよね。

まあね、現代版、笠地蔵なら、先生の代わりに私が笠を売りに行って、たとえは笠が売れなかったとしたら、わらしべ長者となり、お地蔵さんには笠を、先生にはお酒を持って帰ろうと思う。

こんなこと馬鹿げたことを真剣に考えている私のことを知っているのは、この広い世界の中で先生たった一人しかいない。

だから、私は先生を失った瞬間、広い世界も無くしてしまうことになるんだね。

うん、それでいいよね…(^^)

美月

先生へ…ヤマモモのお母さんに会った時、笠地蔵のおばあさんのように幸せに暮らしていたのだろうと思ったよ(^.^)


紅殻格子の日記(201)  皆既月蝕

紅殻格子の日記(201)  皆既月蝕

2018年1月31日、素晴らしい赤銅色の月を観ることができました。

美月とスマホで連絡をとりながらの感動です。

これが一宮の東浪見で観られたらもっと素晴らしかったでしょう。

日本人は昔から星よりも月を愛していたのではないかと思います。

神話の世界で天照と月讀は姉弟で有名ですが、星の話はほとんど出て来ません。

一応、天津甕星という神はいるのですが、あまり有名ではありませんね。

昔の日本人は早寝だったのかもしれません。

しかし今夜月を観て、もっと夜空を勉強したいという気持ちに駆られました。

路傍の花も興味が無ければただの雑草です。

星も興味がなければただの暗幕に開いた穴に過ぎません。

知識は人生を豊かにします。

話は変わりますが、最近庭に小鳥が巣を作ろうとしています。

おそらくはホオジロだと思うのですが、家の中から観察していても名前をなかなか特定できません。

勿論鳥の図鑑を引っ張り出してあれこれと推測はするのですが断言できません。

鳥のことにしても、星のことにしても、恥ずかしながら私は文盲のような存在です。

本当に悔しく思います。

この地球上のほとんどのものを知らないのです。

人間とは如何に小さい存在であり、如何に短い生しか与えられていないかを痛感します。

情報は氾濫しています。

しかし興味を持つことがなければ、99%の情報は頭に入ってこないのです。

でも雑学王のような知識の食い散らかしはしたくありません。

系統だった知識を習得することこそ人生を豊かにしてくれるのでしょう。

これから梅花の季節を迎えます。

梅にも相当な種があり、野に咲く梅木を「〇〇」と言い当てられたら何と素敵でしょうね。


紅殻格子の日記(200)  200話・・潮時。

紅殻格子の日記(200)  200話・・潮時。

今夜も千葉は久留里の藤平酒造でつくる長期熟成焼酎を飲みながら、累計200話目を書くことにします。

この焼酎は吟醸米粕を蒸留したものを3年ウイスキー樽に保存した逸品です。

これはもう焼酎の域を超えていて、ウイスキーの香と微かな甘みが琥珀色の水面に漂ってきます。

私は昔から麦焼酎『百年の孤独』が大好きでしたが、贔屓目かもしれませんがそれに勝るとも劣らないと確信しています。

一升瓶を購入すると4200円と非常に高価で、通常の焼酎の3倍はお金がかかります。

しかし55歳になって先が見えてくると、毎晩いい酒で晩酌するぐらいの贅沢があってもいいでしょう。

ただ商売気のない藤平酒造ですので、在庫が20本しかないと言われてしまいました。

一升瓶が一週間で空きますから、全部買っても後20週間しかもちません。

ワインの樽買いではありませんが、藤平の女将に頼んで一樽買ってやろうかとも考えています。

でも考えて下さい。

藤平酒造など世間的には無名な造り酒屋です。

有名な黒木本店の『百年の孤独』を毎晩飲める金持ちはいるでしょうが、本当に自分の舌で美味しいと感じているのか、そして本
当に愛していると自分で断言できるのか?

己の人生の矜持とは、自分の判断だけで価値づけできると言うことです。

自分が愛したものを他人から批判されても死ぬまで愛し続けることができるかです。

卑近な例では、名将野村勝也が世間からとやかく批判されてもサッチーを愛し続けたのにも似ています。

年を取ると頑固になると言われますが、そうではなくて、一生かけて愛するものを決めて行く過程なのだと思います。

美月も同じです。

私は妻を亡くして男手一つで子供を育ててきましたが、周囲からはいろいろと再婚を勧められたりもします。

美月はまだご主人と離婚もしていませんし、学生の子供もいるわけで私と再婚することが事実上できません。

私も生活する上で再婚することが妥当かと考えることもあります。

しかし私が乗る真っ赤なスカイラインと同様、一生かけて愛していく女性は美月であると決めているのです。

どんなに悪い子であっても、子猫のルナは一生面倒が看たい愛猫なのです。

惚れ込むことができなければ、人生なんか川面に浮かぶ泡沫の如く、実につまらないものだと思います。

愛するものに囲まれて死にたい。

それがサッカーで言うアディショナル・タイムの生き方なのではないでしょうか?

感性鋭い人は、医療の発達もありますが、自分のアディショナル・タイムをある程度自覚しているかと思います。

愛するものを愛でながら人生を終わりたい。

だからアディショナル・タイムは、愛するものを決める期間であると言えるでしょう。

皆さん、それだけは他人の意見に左右されず自分の意志で決めましょうよ。

それが人として最期にすべきことです。

まあ、このブログも2014年2月から始めていますので、もう4年が経過することとなりました。

200話・・もうそろそろかなと思います。

好き勝手に書き殴ってきました。

そもそもこの三日月ブログは私と美月の私的メール以外に、二人で何か皆様に残せたらいいなとおこがましく始めたものです。

年を取って人生の選択肢が狭まる中、もう二人だけの世界でいいんじゃないかと考え始めた次第です。

自分の視野と世界観が収縮していく中で、結局美月と同行二人となるのならば、もっと美月を愛したいと自然に考えることになります。

愛するものがある・・・実に人生の至福ではないでしょうか。

誰に何を言われても、美月と一緒にいたいと願う気持ちが本当の幸せなのだと思います。

今晩は冷え込みますよ。

皆様、ご自愛下さい。

紅殻格子の日記(199)  また不倫騒動が・・・

紅殻格子の日記(199)  また不倫騒動が・・・

先日、小室哲哉氏の引退会見がありました。

私は「不倫のどこが悪いんだ!」という肯定派なので、看護師云々の一件にはあまり興味がありません。

しかし思うことは、何故奥様のことを今まで黙っていたのに、敢えて今回赤裸々に語ってしまったのでしょうか?

何か介護に疲れたことを不倫の正当な理由にすり替えているようで、とてもみすぼらしい自己弁護になった印象が強いですね。

「仕方なかったんだ。皆さんも介護すればそうなりますよ」と言っていたわけです。

これはとんでもない話で、介護は介護、不倫は不倫、と言えばいい。

弱者の奥様を引っ張り出して来て、看護師に手を出したのは奥様が悪いのだという理屈でしょう。

実に卑怯ですよ。

それで不倫関係はありませんと言う。

最近このフレーズが多いのですが、梅沢富美男が正しいかどうかは別として言い訳するなよと腹が立ちますね。

自分がしたことに責任を持つべきで、桂文枝の二人目の愛人にしても、太川陽介の奥さんにしても酷いと思います。

正妻を傷つけることは可哀想ですが、それは完全に自己責任の結果ではありませんか。

世間的には「お騒がせしてすみません」と言えばいいだけのことで、意思疎通できないなどと奥様の人格を卑下してまで自分を守りたいのですかね?

小室氏を庇う人もいるようです。

才能が勿体ないと言う人もいるようです。

才能は知りませんが人間としては最低の部類ですよ。

引退すると言うのも世間に対する面当てでしょう、完全に。

そう思われない人がいるのなら、あなたもきっと言い訳をして回るタイプなのでしょうね。

人間の腐臭が漂った記者会見だったと思います。


四十九日…美月

一月十八日、父の四十九日と母の二十三回忌法要を合わせて起うことができた。

住職のお経の有り難みは未だ良くわからないけれど、読経のリズムに合わせて懐かしい思い出が次々と浮かんできた。

目の前の遺影の父が別人のように、若い頃の両親の姿は活き活きとしていた。

あの頃、こんな日をこんな形で迎えるとは想像をしていなかった。

私の隣には母が居て、もう泣かないで…と言っても子供のように泣きじゃくる母を宥めているだろうと思い描いていたけれど、結果というのは予想を遥かに超えてしまうことが多々あるものだね。

納骨の際、長らく見ることがなかった母の骨壷を暗くて狭い墓石の下に見つけた。

日当たりの良い場所で眠らせてあげたいと、父が高台に墓を作ってはくれたけれど、それでも墓の中は暗くんだよね。

私もいつか重たい墓の下に閉じ込められるのかと思ったら、子供の頃を思い出し気分が沈んだ。

暗いて狭いところは苦手なんだよね。

いつか押しつぶされてしまうのではないかと思うと息まで苦しくなってくる。

そんなことを思っていたからバチが当たったのか?長男の喘息発作が出てしまい、高速道路を飛ばして帰ることにした。

予約してもらった会食をすることができなくなったから申し訳なかったけど、みんなで四人分を頑張って食べてくれたらしい。

地元に戻り命からがら救急外来を受診すると、家に帰っても夜中に発作が起きると心配だから入院した方がよいかもしれないと説明された。

それでも酸素不足で指先が小刻みに震える息子の眼は、「いやだ、帰りたい、帰る」と書いてあったけど、完全無視して入院させてもらうことにした。

点滴をしながら、途中、二度、吸入をしてもらいながら、病室のベットが整うのを待った。

待つこと3時間半…病室に入れたのは9時を過ぎていたけれど、糸一本で繋がる命を懸命に紡ぐ医師や看護師さんの姿を見ていると文句など言えないと思った。

隣のベットに居た老人は、大部屋が無理なら個室でもいいから早く入院させてくれと騒いでいたけれど、素人の私が見ても重病そうには映らなかったんだけどね。

人それぞれ待ち時間の限界は違うのだろうけど、文句を言う声の間を、お亡くなりになった方とそのご家族が通ったことも見えないほど苦しい状態だったのだろうか?今も疑問は残るけどね。

本当に生きていると色々なことがあるなぁ〜と思いつつ、法要後の説法で住職が言っていたお釈迦様の言葉が浮かんできた。

幸せもあれば不幸もある。
楽しいこともあれば苦しいこともある。

お釈迦様が亡くなる時、色々あるけれど、この世はいいところだなぁ〜と仰ったそうです。

極楽浄土は西方にあるそうですが、夕陽の沈むとき今日があることに感謝することができれば有り難い人生ではないか…と、住職に代わり、現代用語に変換して甥や姪に話して聞かせた(^_^(笑)

東浪見に行くと、先生と二人で灰色の砂浜に腰掛け、夕陽が静かに沈むのを眺めて過ごす。

人生とは儚い夢のようであるけれど、この瞬間の幸福は永遠のものであり、深い感謝と慈愛が満ちてくる。

こんな心穏やかな時間を与えてくれる先生こそが私の教祖様なんだよね。

きっと母にとっても父はお釈迦様より尊い存在だったのだろうと思う。

骨壷も仲良くならび、今まで一人寂しい思いをさせた母の位牌を、父と並べて夫婦位牌に作り変えた。

今頃は再会を喜び、現世の思い出を語っている頃だろうか…。

えへへ、こんなにも頼りない私だけど、死んだ人の心配までするのだから人間って本当にお節介だよね。

でも、私は先生と同じ時代を生きられて幸せだと思っているよ。

美月

プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR