FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

逢瀬に向かう車窓から…美月

今週は大好きな東浪見で過ごします。

ご無沙汰しておりましたが、私は何とか元気を維持していますので安心してくださいね。

父の四十九日を済ませた後、長男が喘息の発作で入院したり、大雪が降ったりと慌ただしくて更新できなかった。

書こうと思うことがマイナスのことばかりで、もちろん毎日がハッピーディーではないことは、天下のヨーカ堂さんも言っているけれど、同じ数えるから幸せなことを思い浮かべていたいと思う。

先週は先生の家の庭に住むチッチ君に会えて、日曜日の午後を長閑に過ごすことができた。

悪チビルナちゃんも、今はすっかりと大きくなり、山猫ならではの警戒心は鋭いものの、どことなくのんびりとした箱入り娘になったようにも見えた⁇…ことにしよう(^^)

一昨日の夜、舞い落ちる雪を窓辺から静かに眺めていた。

まだ電車もある時間なのに駅から続く道にも足跡はなく、視界から建物の姿を消してしまうほど雪の白さが眩しい映った。

そうしたらね、笠地蔵の話を思い出して、思わず泣いてしまった。

名作中の名作だから(私的ランキングです)今更、あらすじは書かないけれど、私は昔話に出てくる仲良しおじいさんとおばあさんが大好きで、自分がおばあさんになったこの歳でも、たまに読み返しては感動してる。

子供の頃ね、物凄く考えさせられた話で、最近まで答えが出ないほど私には難問だった。

おじいさん、町まで笠を売りに行って、売れないからといって生活の糧となる笠をお地蔵様に被せてあげるんだけどね…。

そりゃ〜あね、雪の中で動けず寒さに耐えるお地蔵さんに会ったら私もおじいさんと同じことをすると思う⁈

私が凄いと思ってるのは、おじいさんではなく、そんなおじいさんの話を聞いて、おばあさんがニコニコしながらおじいさんの行為を受け入れるところなんだよね。

子供の頃の私ならね、「馬鹿じゃない!、明日食べるご飯もないのに笠あげちゃってどうするの‼︎!!」と責めたあげく、しばらく口は聞かないと思う。

でもね、おじいさんが先生だったらと置き換えてみると、私もおばあさんみたいに笑っちゃうと思うんだよね。

人はね、一緒に生きる人によって善人にも悪人にもなれるんだよね。

本当はね、幸せか不幸かなんて大したことではなくて、愛があれば心豊かに暮らせるのだと感じてる。

愛では飯は食えないと言われ続けて生きてきたけど、お腹が膨れても心が満たされなければ空腹に変わりないよね。

まあね、現代版、笠地蔵なら、先生の代わりに私が笠を売りに行って、たとえは笠が売れなかったとしたら、わらしべ長者となり、お地蔵さんには笠を、先生にはお酒を持って帰ろうと思う。

こんなこと馬鹿げたことを真剣に考えている私のことを知っているのは、この広い世界の中で先生たった一人しかいない。

だから、私は先生を失った瞬間、広い世界も無くしてしまうことになるんだね。

うん、それでいいよね…(^^)

美月

先生へ…ヤマモモのお母さんに会った時、笠地蔵のおばあさんのように幸せに暮らしていたのだろうと思ったよ(^.^)


関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR