FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

紅殻格子の日記(200)  200話・・潮時。

紅殻格子の日記(200)  200話・・潮時。

今夜も千葉は久留里の藤平酒造でつくる長期熟成焼酎を飲みながら、累計200話目を書くことにします。

この焼酎は吟醸米粕を蒸留したものを3年ウイスキー樽に保存した逸品です。

これはもう焼酎の域を超えていて、ウイスキーの香と微かな甘みが琥珀色の水面に漂ってきます。

私は昔から麦焼酎『百年の孤独』が大好きでしたが、贔屓目かもしれませんがそれに勝るとも劣らないと確信しています。

一升瓶を購入すると4200円と非常に高価で、通常の焼酎の3倍はお金がかかります。

しかし55歳になって先が見えてくると、毎晩いい酒で晩酌するぐらいの贅沢があってもいいでしょう。

ただ商売気のない藤平酒造ですので、在庫が20本しかないと言われてしまいました。

一升瓶が一週間で空きますから、全部買っても後20週間しかもちません。

ワインの樽買いではありませんが、藤平の女将に頼んで一樽買ってやろうかとも考えています。

でも考えて下さい。

藤平酒造など世間的には無名な造り酒屋です。

有名な黒木本店の『百年の孤独』を毎晩飲める金持ちはいるでしょうが、本当に自分の舌で美味しいと感じているのか、そして本
当に愛していると自分で断言できるのか?

己の人生の矜持とは、自分の判断だけで価値づけできると言うことです。

自分が愛したものを他人から批判されても死ぬまで愛し続けることができるかです。

卑近な例では、名将野村勝也が世間からとやかく批判されてもサッチーを愛し続けたのにも似ています。

年を取ると頑固になると言われますが、そうではなくて、一生かけて愛するものを決めて行く過程なのだと思います。

美月も同じです。

私は妻を亡くして男手一つで子供を育ててきましたが、周囲からはいろいろと再婚を勧められたりもします。

美月はまだご主人と離婚もしていませんし、学生の子供もいるわけで私と再婚することが事実上できません。

私も生活する上で再婚することが妥当かと考えることもあります。

しかし私が乗る真っ赤なスカイラインと同様、一生かけて愛していく女性は美月であると決めているのです。

どんなに悪い子であっても、子猫のルナは一生面倒が看たい愛猫なのです。

惚れ込むことができなければ、人生なんか川面に浮かぶ泡沫の如く、実につまらないものだと思います。

愛するものに囲まれて死にたい。

それがサッカーで言うアディショナル・タイムの生き方なのではないでしょうか?

感性鋭い人は、医療の発達もありますが、自分のアディショナル・タイムをある程度自覚しているかと思います。

愛するものを愛でながら人生を終わりたい。

だからアディショナル・タイムは、愛するものを決める期間であると言えるでしょう。

皆さん、それだけは他人の意見に左右されず自分の意志で決めましょうよ。

それが人として最期にすべきことです。

まあ、このブログも2014年2月から始めていますので、もう4年が経過することとなりました。

200話・・もうそろそろかなと思います。

好き勝手に書き殴ってきました。

そもそもこの三日月ブログは私と美月の私的メール以外に、二人で何か皆様に残せたらいいなとおこがましく始めたものです。

年を取って人生の選択肢が狭まる中、もう二人だけの世界でいいんじゃないかと考え始めた次第です。

自分の視野と世界観が収縮していく中で、結局美月と同行二人となるのならば、もっと美月を愛したいと自然に考えることになります。

愛するものがある・・・実に人生の至福ではないでしょうか。

誰に何を言われても、美月と一緒にいたいと願う気持ちが本当の幸せなのだと思います。

今晩は冷え込みますよ。

皆様、ご自愛下さい。

関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR