• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

紅殻格子の日記(199)  また不倫騒動が・・・

紅殻格子の日記(199)  また不倫騒動が・・・

先日、小室哲哉氏の引退会見がありました。

私は「不倫のどこが悪いんだ!」という肯定派なので、看護師云々の一件にはあまり興味がありません。

しかし思うことは、何故奥様のことを今まで黙っていたのに、敢えて今回赤裸々に語ってしまったのでしょうか?

何か介護に疲れたことを不倫の正当な理由にすり替えているようで、とてもみすぼらしい自己弁護になった印象が強いですね。

「仕方なかったんだ。皆さんも介護すればそうなりますよ」と言っていたわけです。

これはとんでもない話で、介護は介護、不倫は不倫、と言えばいい。

弱者の奥様を引っ張り出して来て、看護師に手を出したのは奥様が悪いのだという理屈でしょう。

実に卑怯ですよ。

それで不倫関係はありませんと言う。

最近このフレーズが多いのですが、梅沢富美男が正しいかどうかは別として言い訳するなよと腹が立ちますね。

自分がしたことに責任を持つべきで、桂文枝の二人目の愛人にしても、太川陽介の奥さんにしても酷いと思います。

正妻を傷つけることは可哀想ですが、それは完全に自己責任の結果ではありませんか。

世間的には「お騒がせしてすみません」と言えばいいだけのことで、意思疎通できないなどと奥様の人格を卑下してまで自分を守りたいのですかね?

小室氏を庇う人もいるようです。

才能が勿体ないと言う人もいるようです。

才能は知りませんが人間としては最低の部類ですよ。

引退すると言うのも世間に対する面当てでしょう、完全に。

そう思われない人がいるのなら、あなたもきっと言い訳をして回るタイプなのでしょうね。

人間の腐臭が漂った記者会見だったと思います。


関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR