FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

紅殻格子の日記(191)  食べログにうんざりする。

紅殻格子の日記(191)  食べログにうんざりする。

世の中にはいろいろと食べ物の蘊蓄を語りたがる馬鹿がいるものです。

食べログなるものの口コミを読んでいると、こいつは阿呆かと思わせるものが実に多い。

先日、実名を出しますが、『銀座 鮨 わたなべ』という店に連れて行ってもらいました。

評価は3.85点ぐらいついているのですが、客を馬鹿にしたような店で腹が立ちました。

その高級店はカウンター9席、個室4席があると書かれていますが、接待なので個室を取ってくれたのが裏目に出ました。

個室と言っても店に備え付けられた荷物置き場みたいに狭いところで、台形に仕切られているので絶対に3人しか入れません。

これは鮨を食べる以前の問題です。

基本的にカウンターしか入らない面積の店舗に無理矢理個室を設えたのでしょう。

これで金を取る店主の根性が気に入らない。

客をカバン扱いして何が名店なのか・・・それと国酒のラインナップが酷い。

絶対に酒の美味さを探究したことがない店主のなせる技でした。

それとコースで食べさせるのなら、お腹一杯食べさせて欲しいね。

量が少ないのが上品だと勘違いしているのか・・・だったらお土産に稲荷ずしなど渡さないで欲しい。

金持ちのつもりかコスパがいいなどと書く奴がいるけど、15,000円も出して帰りにラーメン食べなければならないのはそうなのでしょうかねえ?

まあ、悪口はいくらでも書けるのですが、昨夜、美月と晩飯を食べる店を探していて、御徒町駅近くで『中華珍満』という店を見つけました。

路地裏の汚い中華料理屋に分類される外観ですが、店から漏れる匂いを嗅げば大体味は想像がつきます。

美月と私は顔を見合わせて頷くとすぐに店に入りました。

見た目は昔の日本式中華料理屋ですが、満席の客の顔を見ればかなり期待が持てそうな感じです。

「餃子と焼きそばは売り切れたけどいいですか?」と言われて名物はすぐわかりました。

別に有名な一品を頼まなくても、ラーメンとチャーハンを食べれば、その店のレベルはすぐにわかってしまいます。

食べてみると、昭和40年代どこにてもあった日本人が経営する中華料理屋の味でした。

懐かしいという感じの化学調味料たっぷりのラーメンとチャーハン、否、焼き飯でした。

これはこれでいい。

しかし食べログを帰って見ると、何と評価3.56点、やはり物凄い人気の店でした。

でもね、口コミにチャーハンも美味いと書かれていますが、これは昔何処にでもあったチャーハンです。

決して美味くはなくて懐かしいが正解です。

実際、千葉は久留里にある喜楽飯店には少し負けると思います。

それはどうでもいいんですが、食べログの口コミを書く人は、権威づけなど排除して自分の舌を素直に書いて下さいね。

人がいいと言ったからいいのではありません。

もっともっと悪口を見つけて、いい店にしてあげることが大切なのですよ。

関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR