FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

逢瀬に向かう車窓から…美月

昨日は先生が仕事だったので、今日は都会の秋を探しに出かけます。

本当なら今日も仕事だったみたいだけど、今日という日を作ってくれた先生には大変、感謝しています。

でも今日出かけられなくても、私が先生に逢いたいと思っていることを、いつも忘れないでいてくれていることが一番嬉しいことなんだけどね。

それにね、私は先生のことになるとものすごく大袈裟女になるけれど、先生はウザいと思わず(いや、思っていても…)、受け入れてくれている。

飲み会の帰りにメールの返事がなくても、疲れて居眠りしてるだろうと思っていながらも、ホームから落ちたんじゃないか?新幹線で乗り過ごして名古屋にいるんじゃないか?と心の中がザワザワしてしまう。

まあ、普通に考えたら五月蝿いでしょ(汗)

でも、先生は、心配させて悪かったね…と言ってくれるから、いい気になって取り越し苦労を押し付けてしまうんだけどね。

先日、伺った家の御主人が、遺影の中で和かに微笑む奥様について話してくれたけれど、「こんな顔、子供や孫には見せても、俺には見せたこと」がないと言っていた。

「所詮、他人だから仕方ないのだろう」と言うけれど、そうじゃないことに気づけないことを哀れに思った。

笑顔というのは一人で作れるものではないからね。

相手の顔が笑っていないと一人ぼっちで楽しくないよね。

孤独は自分が作る世界なのだと改めて感じた出来事だった。

私は数え切れないほど先生の写真を持っているけれど、写真の中で微笑む先生を見ているだけで幸せな気持ちになる。

でも、どんなに沢山の微笑み写真を持っていても、生の先生の笑顔には敵わないなぁ~。

だから今があることに感謝してる。

先生と出逢えて、今日を愛することに気づけたことが嬉しいなぁ(^_^)

美月

関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR