• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

紅殻格子の日記(189)  同窓会

紅殻格子の日記(189)  同窓会

不義理しがちなのですが、久しぶりに大学時代の友達10名ほどと飲み会をしました。

もう私は55歳なのですから、集まる人間も皆五十路半ばの年寄り連中です。

しかし集まって個室に入ると全く昔と変わらぬ世界に戻ります。

それぞれ社会的な地位のある連中ですが、こういう馬鹿になれる時間が楽しいのかもしれませんね。

一人4500円で3時間飲み放題・・学生の頃は千円札1・2枚を握って飲みに行ったのですから、少しは物価も上がったのかと思います。

女性陣も皆元気でした。

学生の頃はまるで土から掘り返したばかりのジャガイモのようでしたが、今はなかなかに洗練されてお洒落になっています。

まあ、彼女達自身も相当に頭のいい連中ですし、旦那や子供もある意味でエリートなのですから当然かもしれません。

でも残念なのは、そういう連中が集まると、どうしても何か不幸探しが始まることです。

あいつはどうしている? 彼女はどうなったの?

自分が幸せであることを実感する手っ取り早い手段です。

私はほとんど自分のことは語らず、ずっと聞き役に徹しています。

たぶん私がいくら話しても誰もわからないと思うからです。

幸せは絶対的であって、決して他人には理解できないはずですよ。

毎週のように房総へ行って、美味い酒と旬の食材を楽しむなんて理解できるはずがありませんよね。

だから同窓会は結局孤独になります。

それでいいんだと思います。

時々逢うだけでは、誰も現在の自分を理解できるはずがないのです。

美月は私がこういう飲み会に出ると不機嫌になるのですが、それは大きな間違いだとわかってもらいたい。

私の現在を一番知っているのは美月に他ならないからです。



関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR