FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

大多喜祭り…美月

昨日は東浪見の帰りに大多喜祭りに立ち寄りました。

東浪見に通うようになってから、大多喜町のスーパー「オリブ」で買い物をするようになりました。

今では久留里に続く親しみ深い街となっています。

昨年に引き続き、今年も藤岡弘さんの参加により祭りは賑わいを見せていました。

私達は物事を斜めに見る癖があるので、祭りの進行にいちゃもんを付けながら楽しんでいたけれど、田舎の祭りというのは毎年同じであることに喜びがあるように思った。

朝起きれば、母親が忙しそうに祝いの料理を手掛けている。

開け放たれた窓に揺れる半纏にまだ汚れを知らぬ真っ白い足袋。

いつも隣で神輿を担ぐ仲間が今年も笑顔で足並みを揃える。

誰一人として欠けることなく、何も変わらない穏やかな日々に幸福を感じることができるのも地元の祭りの良さかもしれないね。

私も、今年も先生と祭り見物ができて嬉しいと伝えた。

先生は、死んだ後に家族や知人に大多喜祭りを楽しみにしていたと思われるのは心外だと怒っていた(^^)

えへへ、大多喜祭りだけじゃないよね。

春の菜の花も夏のヒマワリも秋の紅葉も冬枯れた山里の風景も、私は先生と一緒に観れて幸せだと、毎年、毎年思ってる。

こんな時間がいつまでも続きますように…と思う。

二人の時間が積み重なるほどに、切なる気持ちは深まるばかりです。

美月


関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR