FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

お茶目さん…美月

日曜の海は台風の影響により荒れていた。

11階のベランダから見ていても、押し寄せる波の迫力に好奇心が擽られ、危険なことだと知りつつも海へと散歩に出かけることになる。

こんな時はいつも二人の中で暗黙の了解が成立している。

まるで私達の魂は一つなのではないかと思うほどにね(^^)

五分ほど歩くと海岸に着く…。

それでも待ちきれなくて傘を取り出し踊り出す先生の姿に灰色の空も明るく見える。

きっとテレビの台風中継を観ていて、俺の方が上手に飛ばされると思っていたのだろうなぁ(^^ゞ

台風1

まるで雨に唄えばのワンシーンのような軽やかな先生のポーズに恋心をくすぐられる。

同じ人に何度恋をしてもいいよね。

台風2

こちらは、本気で強風に飛ばされているんだけど(^^ゞ、笑顔はそのまま、とっても楽しそうな先生です。

先生が楽しそうだと私まで楽しくなるのだから、

「俺はお前を楽しませる為にいるわけではない…」という台詞は少々おかしな気がする。

だって私より先に楽しそうな先生がいるから、私まで楽しくなってしまうんだもんね。

だからね、先生が消えてしまったら、何の躊躇いもなく私の笑い声も消えてなくなる。

私はそれでいいと思っているし、それを幸福の代償だとは思わない・・・。

人は幸せの後に不幸が訪れると予想している。

それが一般的には「死」ということになるのだけれど、幸福の終着駅は果たして死後の世界なのかと考える。

その答えは今は浮かんでこないけれど、いつか死を間近に感じた時、自然と見えてくるものなのかもしれないね。

だから今ある気持ちを大切に、私がどれほど先生のことを好きか書き続けたいと思っている。

出会いの頃より穏やかではあるけれど、あの頃の何倍も空は高なり、海は深まり、二人の世界が広がった。

世の中の殆んどの物が先生と結びつき、想い出も大小様々でバラエティーに富んでいる。

もうそろそろ「愛してる、愛してる、愛してる」と連呼してもいいかなぁ・・・???

「お前の愛とは何か?答えてみなさい…」と、先生に問われる年齢ではなくなったかなぁ(^^♪

追伸…台風が来たら自宅で待機し、決して外には出ないでください。
     傘で遊ぶのは大変危険ですので、良い子は真似しないように・・・(^_-)-☆

美月

関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR