FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

紅殻格子の日記(182)  金沢文庫 称名寺さん

紅殻格子の日記(182)  金沢文庫 称名寺さん

先週の土曜日、美月が横浜の我が家へ遊びに来ました。

私達は月に二度は週末を房総の東浪見で過ごしますが、残りは東京と横浜で一度ずつぐらいの割合で遊んでいます。

美月が横浜の我が家へ来る時は、近くのスーパーで買い物をしてから、家で昼からテレビを観ながら二人で夕方まで暴飲暴食します。

それから夜の横浜へ出かけ、大概は中区吉田町の「Ω Café」(オーカフェ)で美味しいイタリアンとカクテルに酔い痴れます。

半日ベロベロに酔った私達は、野毛を闊歩してTSUTAYAで寅さんとAVを借り、黄金町のラブホテルで一泊します。

そして土曜日の夜と日曜日の朝、美月の中に射精して体力的にもヘロヘロになります。

55歳とは思えない不良老人ですね。

先週は、朝日が黄色く見える日曜日、京急の金沢文庫を散策してみました。

金沢文庫は日本史でも必須の暗記項目ですが、京急沿線の子供達が指で口の両端を横に引っ張り、『かなざわうんこ』と言って遊ぶお決まりの駅です。

228.jpg

初めて散策した金沢文庫ですが、称名寺さんの美しさに圧倒されました。

242.jpg

称名寺さんは真言律宗の別格本山で、鎌倉時代、金沢北条氏の祖となった北条実時により開基されました。

そもそも金沢文庫は実時の蔵書を集めた武家による図書館です。

本当に北条氏の財力を窺わせる立派なお寺で、片田舎の千葉のお寺とは違い、中央集権である幕府の力を感じさせる造りになっています。

お寺を囲む小高い山が散策コースとなっており、私達は無謀にもそれを踏破しようと登ることにしました。

ところがこれが地獄で、急峻な階段と獣道のような山道に、煙草好きな私とCOPDの美月は大汗のヘトヘトになりました。

259.jpg

しかし不思議な活力を得ることができました。

小さな山ですが、COPDに罹った美月はその回復ぶりを実感できたようですし、私は不安があった体力に自信を取り戻しました。

無茶な冒険も時には必要です。

これからは二人で千葉のハイキングコースに挑戦するなど、新しい共通経験が広がるのではないかと思っています。

二人で歩ける喜び・・・今回はその有難さを実感しました。

関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR