逢瀬に向かう車窓から…美月

今週は都会で遊びます。

先生、今週はいつ遊べる?

…と、私が聞くと、先生は苦笑します。

遊べる?って聞くのが可笑しいようですが、実は「遊べる?」という言葉は、先生以外使ったことがありません。

もちろん子供の頃もです。

私は人を誘うのが苦手で、相手のことを思うと時間の拘束ができません。

誘われれば出かけることもありますが、大半は行かなければよかったなぁ~と後悔を背負って帰ります。

別につまらなかったという訳ではないのですが、他人様と一緒にいるのですから、全てがしっくり来るはずもありませんよね。

それがわかっているから出不精になってしまうのでしょうね。

そんな私ですが、先生と出逢ってからというもの、しつこいほど遊びたくて仕方がない。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、別れが惜しくて泣きたくなる。

またね!と別れた後にもすぐに、来週は…と未来に期待を抱いてしまう。

幼い頃から早熟な捻くれ者で、物事を透かして見ていたのに、先生の傍にいると子供のように純粋に遊べるのだから不思議です。

先生は茶飲み友達が欲しいと思っていたそうだけど、私は親友が欲しかった。

一度も手に入れたことのないものに意識を向けられるようになったのも、先生との出会いが人生の転機となったからだと思います。

縁というのは本当に不思議なものですね。

縁結びの神に良縁を願う人も多いと思いますが、神様の言う通りが幸福への近道とは限りません。

一度しかない人生をどう輝かせるか?は自分自身が決めること、他人任せにしたらバチが当たりますよね(o^^o)

美月
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR