FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

紅殻格子の日記(172) 津久井やまゆり園事件

紅殻格子の日記(172)  津久井やまゆり園事件

事件から一年が経ちます。

ニュースでも放映されていますが、障害者45人を殺傷した前代未聞の事件です。

何故差別するのか?

ユダヤ人を強制収容所に送り込んだアドルフ・アイヒマンと同様、実に犯人は正論らしい正論を吐きながら、人間の心の闇に入り込んで自己正当化しようとしています。

心の闇は今も晴れません。

事件当初、どうしてテレビ報道で被害者の名前が公表されなかったのか?

今回、黒岩神奈川県知事の弔辞でも、各人のエピソードを添えつつ、故人名を言わず「あなた」と読み上げていました。

差別はいけません。

しかし何故差別や誤解を受けるような対応を障害者の親族は続けるのでしょうか?

勿論、しっかりとマスコミに出て差別意識の撤廃を訴えられる方もいらっしゃいます。

しかし大半の障害者の親は、殺された子供の名前を明かすことなく、静かに時が過ぎるのを待っているように思えて仕方ありません。

同じ人間なのに、どうして名前を隠さなければならないのでしょうか?

それが逆に差別を生む土壌をつくっているのかと不安になります。

差別をしてくれと社会的には言わんばかりの行為じゃありませんか。

それは親御さんや親族の皆さんは辛い思いをしてきたのかもしれませんね。

しかし一個の人間として認めるのなら、しっかりと故人名を報じてその無念を知らしめるべきだと思うのです。

殺された子供の名前も言えないなんて、それ自体が故人を差別していますよ。

それが親の社会的地位を脅かすと言うのであれば、そんなものを怖れること自体が差別意識の表れです。

本当に残念です。




関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR