FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

逢瀬に向かう車窓から…美月

連休初日ともなると、若い人達が車内に彩りを添えています。

混み合いながらも、いつもの土曜日より静かに感じるのは、若者の方が車内マナーができているということでしょうかね(^^)

イヤホンから音が漏れて気付かぬ若者を注意する年配者もいますが、どうでもよい話で集団的騒音を出している自分達のことが理解できないのは如何なものかと…???

余談ではありますが、子供達が言うことを聞かない悪い子になりかかると、私は決まって…

よし、グレるならグレてみろ!

そんなことしたら、必ず呆けてやるからなっ!!!

…と、優しく優しく窘めます。

すると、子供達は素直に悪かったことを認め、和解が成立します。

子育てにお悩みの方がいらっしゃいましたら、一度試してみてはいかがでしょうかね(^-^)

さて…今週は大好きな東浪見で過ごします。

先週の日曜日はほおずき市に連れて行ってもらいました。

浅草寺から流れて上野に向かうと、カッパ橋商店街では七夕祭りが開催されていました。

炎天下の中、ビールを飲みながら街を歩くのは危険です。

それでも休日の暑さは自らの意思で試練に立ち向かうため笑顔もでますね。

その後、失われた塩分を先生の肌に吸い付き補助すれば、夜も元気に酒盛りできました。

それも、最近ハマっている串揚げ屋のハシゴをしてしまうのですから、中高年からの子供がえりは大学生のノリより達が悪い⁈

田中屋、串あげでんがな、どちらが美味しかったかというと、チェーン店であっても各店により油の状態なども変わってくるので、「やっぱり、最初に横須賀で食べた串あげが美味しいね!」となりました。

二軒食べ比べておきながら、場外から結論を持ってくるあたり、ホント自由だなぁ〜。

でも、この自由さが私達の絆であり、いざ何かあっても発想の転換さえできれば、everythingオーケーです。

7月も半ばとなり、私の大好きな夏が来ました。

都会遊びも楽しいけれど、せっかくの夏なので、海の家でのんびりビールを飲みながら夕暮れ時を楽しみたいと思っています。

夏の夕陽の美しさを二人で愛でる幸せが、この世への執着であり、生きる喜びでもあります。

えへへ、大袈裟だと思うでしょ…。

でも秋を受け入れるまでの私の心の葛藤を知れば、オレンジ色の夕陽の切なさに先生を重ねては泣きたくなる思いをわかってもらえるかな⁈

いつまでも沈むことなく、傍にいてほしいと思う。

いつまでも、いつの時も…。

美月
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR