FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

逢瀬に向かう車窓から…美月

昨日の悲しい知らせが幻のように電車内は混み合っています。

明日は天気が悪いと早くから予報が出ていたので、空に合わせて出かける人が多いのかもしれない。

昨日の訃報は衝撃的だった。

34歳の若さでお亡くなりになった小林麻央さんの生前の様子は、時折、テレビで観ていたけれど、深く立ち入ることが怖くて…。

先生からもらったメールに彼女のことが書かれていたこともあったけど返事は書かずのままにしていた。

私は愛する人を失う悲しみに触れるのが苦手で、事件でも事故でも見聞きすると、すぐに自分に当てはめて考えてしまう。

見送る人、見送られる人、両者の立場で現実を透かしてみているうちに、まるで自分が体験したかのような錯覚に捕らわれてしまう。

すると、悲しかったり、悔しかったり、やるせなかったり、恨んだり、はたまた相手を殺してしまいたくなるほど憎んでしまうこともある。

そんな自分を発散される場を持たずに生きてきた。

語り合い、分かち合えば救われる心があるとも思えず、人と深く関わることで孤独感が一層増してしまう厄介な性格の為、私は私のことを語ることはなかった。

そんな私も先生と出会えたことで、語り合う喜びを知ることができたし、同時に自分と向き合うことに繋がっていった。

先生の視線が私の目であり、唇から流れる言葉が私の声で聞えてくる。

私を産んだ親より、私が産んだ子供よりも、先生を身の内に感じるのは、私達の魂は一つなのではないかとさえ思う。

だから先生が消えてしまえば、自然と消滅する癌みたいな存在が私なのだと思う。

癌を好む人はなく、怖れられ忌み嫌われる病だけど、先生に取り憑いていることに変わりはないかな。

まあ、いつもながら大袈裟女だというだろうけど、これが至って真面な考えだと思っているところが狂気的だよね。

小林麻央さんのように慈悲深い女性にはなれないけれど、私なりに先生を愛し続けていきたいと思う。

こんなことを願う日々が数え切れないほど続いている。

それが何より幸せなことだと改めて感じてる。

美月
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR