紅殻格子の日記(160)  『野良猫』 予告

紅殻格子の日記(160)  『野良猫』 予告

『黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月』と言う私的ブログをお読みの方はご存知だと思いますが、昨年千葉の山中で野生の子猫を拾いました。

可哀想に両脚の骨が折れていて瀕死の状態でした。

一生介護する覚悟で拾って帰ると、猫の骨折は回復が速いと獣医が言っていた通り、今では家の中を所狭しと飛び回れるようになって困っています。

家が次々に破壊されていくからです。

もう半年以上飼っていますが、元々が人との接触がない山猫なので、未だに私に噛みついたり引っ掻いたり生傷が絶えません。

飼い主という存在を知らぬ野生の野良猫です。

しかし時にその奔放さが魅力的であり、逆に飼い主が服従させられている妖しいエロチシズムに恍惚とすることもあります。

そんな野良猫に手を焼きながらも、これをテーマに作品を書く意欲を掻き立てられたのも事実です。

さてさて、どんな作品になるか皆様も見守って下さい。

『妄想の座敷牢』も同時更新していくつもりです。

お楽しみに。

ルナちゃん


関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR