コメントありがとうございます…美月

ゆなさんへ…

ゆなさん、コメントありがとうございます。

いつもながら・・・
長話になりそうなのでコメント欄では書ききれないと思い、こちらでお答えしますね(^^♪

>毎週の様に、お泊りで出掛けていらっしゃいますが、御家族は不審に思われないのですか?

私達も出逢った頃はW不倫でした。

仕事帰り、週に一度の逢瀬と月一度、土曜日は午前中から逢っていました。

それも先生が時間を作ってくれたおかげです。

二時間もかけて自宅に帰る先生を見送る駅のホームは切なくて、今でも思い出すと泣けちゃいます。

先生の奥様が亡くなられて今年で5年目となりますが、
それから赤いスカイライン登場と共に千葉に行くようになり、現在のようなスタイルとなっています。

ご質問の回答としては・・・

私と主人は現在一緒に暮らしてはおりません。

主人が実家に住んでいるのか? 愛人宅に住んでいるかわかりませんが、
自営の会社があるので、毎日、両親と顔を合わせていることは間違いないと思います。

ただ私が週末、家に居ないことは主人も知っています。

そして、私に先生の存在(プロフィールは知らなくても…)があることも知っています。

先生と出逢ったばかりの頃ですが、私が告げたからです。

この先、どうなるかわからない恋を証てしまうリスクは大きなものですよね。

でも、私は主人のように浮ついた気持ちで先生を愛している訳ではないし、
先生にも主人の浮気の腹いせに恋をしていると思われたくなかったんですよね。

主人との不仲は先生に出逢う為の必要条件であり、不幸な出来事も幸福への架け橋だったと思えるのです。

まあ、こんなことを平気で考える頭のおかしな女だから主人に嫌われても仕方ないですし、
先生は先生で、私と出逢ったが為に、常に時限爆弾を背負って生きている状態だったと思います。

心の離れた者同士が一緒にいても何も生まれません。

それではいっそのこと離婚してしまえばいいと思ったことは何度もあります。

でもね…私一人で三人の子供を育てるには経済的にも精神的にも無理だと思ったので現在のスタイルを維持しています。

子供の為に働くことを惜しむつもりはありませんが、生活に追われれば必死に守ろうとした子供達の笑顔さえ見る時間を失ってしまいます。

それでは誰も幸せになれない・・・。

人が新な道を歩む時、その先に幸福を想定して歩き出すものだから、今はまだその時ではないと考えていますが、そろそろ荷物整理はしておかないといけないだろうと思っています。

一昨年、主人の父親と大喧嘩をして会社を追われる身となりましたが、五十を過ぎての転職でありながら、現在の職を全うできているのも先生の支えがあってのことだと感謝しています。

そんな子供達も大きくなり、一番下の子供も来年で二十歳になります。

主人、主人の両親、妹夫婦も・・・いずれ私が出ていくだろうと思っていることと思います。

体裁を何より大切に思う義父母ですが、間違っても私にお金が流れて行かないように、それだけは許せないと考えているでしょうからね。

私と主人は元々どの夫婦よりも喧嘩の少ない関係でしたが、今となっては喧嘩の必要性さえ無くしました。

このような流れを経て現時間が存在しているのですが、唯一心痛むことは、この幸福時間が得られなくても、たとえ死であれ先生から奥様を引き離す出来事がなければよかったと思っています。

先生のお母さん、奥さん、お父さんと、先生が愛する人達と別れる姿を私は見てきました。

いつの時も、最期の時を迎えた報告を最初にもらったのは私かも知れません。

先生の深い哀しみに触れるたび、何もできない不甲斐なさを感じました。

「こんな時、連絡する相手がお前しか居ないんだなぁ…」
と嘆かれたこともありましたが、私には先生しかおりません。

でも一人ぼっちだった私にとって二人きりになればことはプラスであり、これ以上の幸せはないと思っています(*^^)v

あっ、またまた話が横道にそれてしまいましたが・・・

結論として、不倫でありながら好き勝手に暮らせているのは、
先生を愛せる幸せに後悔しない思いが強いからではないからでしょうか。

先生が食道癌を患ってからというもの、ますます先生に対する独占欲が高まっておりますが、
好きになったら命がけ…それほどまでに惚れられる男に出逢えて私は幸せです。

最後に・・・

私は桜が大好きです。

桜のように艶やかに咲き潔く散る、そんな生き方が日本人の気質と合っていると言われていますが、花びらが舞い落ちると可愛い若葉が芽吹いてくるんですよね。

以前は潔く散れたら本望だと思っておりましたが、五十を過ぎると物の考え方に欲が深まり、
美しい花の後に新たな命(時代)が始まる、まさに熟年世代への応援花みたいだなぁ〜と勝手に思っております。

運転者標識に若葉マーク、もみじマーク(枯葉?)がありますが、私は先生の車にサクラマークを付けたいなぁ(^^♪

ゆなさんの恋も時の流れと共に変化していくと思われますが、
現在も、そして未来も、お二人にとって素晴らしい時間となりますように心よりお祈りいたします。

美月



関連記事

コメント

突然の質問に、ご丁寧にお返事ありがとうございました。

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR