逢瀬に向かう車窓から…美月

今日は俗世界探検です。

花の香りに守られてばかりいると俗物に対する抵抗力が弱るので、たまには敢えて雑菌の中に飛び込むのも良いかなぁ〜と思っております。

でも、以前と比べると息づきが早くなったかな?

千葉の里山は杉の宝庫で、花粉を怖がっていては歩けません。

真っ赤なスカイラインが黄色のドット柄に飾られ、山道をすり抜ける赤豹みたいです。

先週、田舎道を走行していたら、珍しく子供達の姿がありました。

小学校の中学年くらいの男の子達の横をゆっくり通り過ぎると、「あっ、赤い車だ!かっこいい〜」と感激の声をかけられました。

「馬鹿にされているみたいだ」と先生は恥ずかしがっていましたが、軽トラが主流の田舎道で真っ赤っかの車に出会えば殆どの人が驚き怪しみますよね。

ちなみに乗っている私達も、スカイラインとの初めての対面でドン引きしたくらいですからね。

そんなことも遠い日の記憶となりつつあるのも、毎週のように東浪見に連れて行ってもらっているからですね。

馴染む時間は暦を数えて計るものではなく、どれだけ密度の濃い時間を過ごせたかではないでしょうか。

だから私は結婚記念日が嫌いです。

離婚しなければ自動的にカウントされてしまう「結婚して何年」という制度。

節目を祝われて恥ずかしい思いはないのか?

それなら肌を重ねて、互いの愛を激しく求め合った回数で、ゴールド婚、シルバー婚とした方が祝う方もスッキリして良いような気がしますが…(^-^)

今日も私の意地悪心は健在であり、心健やかであれば体も元気です。

皆様、季節の変わり目で体調管理の難しい春待ち頃です。

くれぐれもご自愛くださいね。

では、行ってきます。

美月


関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR