『房総珍百選』 鹿野山 神野寺

『房総珍百選』

鹿野山神野寺

・訪問日 25年 2月7日(土) 天候 小雪交じりの雨

・概略 
神野寺(じんやじ)は、千葉県君津市にある真言宗智山派の寺院。
鹿野山琳聖院と称し、本尊は薬師如来・軍荼利明王。

由緒
寺伝によれば、聖徳太子の開創により創建されたと伝えられ、
永正年間(1504年~1521年)に真言宗の僧弘範により中興されたという。
(Wikipedia引用)

珍光景① 宝物館の看板の写真

神野寺2

色々盛りだくさんの内容が書かれている看板です。

んっ?よく見ると、恐竜の卵があるらしいね。

「恐竜の卵」

北京市を北にさかのぼった内モンゴルとの境目近い、
東ゴビ地区にて採取された卵の化石らしいけど、
一体、この恐竜の卵と宗教の因果関係はなんだろうね?

まさか!!!ただのお宝自慢???

そう言えば、このお寺、昔、トラ脱走事件を起こしたんだっけ(^^;)

1979年(昭和54年)当時寺の境内に動物園を併設しており、そこで飼育されていたトラ2頭が逃げた。
結局トラは射殺された。 これに関連し忌野清志郎によって追悼コンサートが開催された。

この時、住職は寅を撃った猟友会(ハンター)に対し、「トラを殺すな!」と文句を言ったらしいけれど、トラは逃げている間、民家で飼っていた犬を食べちゃったんだよね。

どの命も命の尊さは同じだろうし、愛するものを失った悲しみも皆同じだと思うけれど、
仏の心を実直に伝えるべきメッセンジャーが虚偽を強要してはいけないなぁ〜。

ちなみに神野寺のご本尊は、12年に一度、寅年に御開帳されるらしい。
どんだけぇ〜トラ好きなのだろうね。ちなみに先生と私も寅年です。

・珍光景② 透明浄財箱 

神野寺5

経堂の入り口にクリア(透明)な浄財箱が置かれていたけれど、クリアにする意味はどこにあるのだろうか?

募金箱で調べてみると、透明の場合、不透明の14%寄付が増えたというデーターがあった。
パーセンテージは条件により違うものの、千円札が投じられた後から1人当たりの募金額が増えるらしい。
各種のお札、お守り収入では物足りず、お布施にまで儲けを重視した経営放心に学ぶことが多いなぁ〜。

珍光景③ 天狗の写真

神野寺6

このお寺の最大の見せ場と言ったら、裏と表があり、お寺と神社が本堂内で仕切られている構造の面白さ。

天狗様はいるし、聖徳太子はいるし、役行者(えんのぎょうじゃ)白い蛇は軍荼利明王の化身とされている。
その他、多数の有名どころの神様仏様が祀られていて、ここに来れば何でも揃う、まさにお寺のテーマパークのようなところです。

昔の人にとってお参りは、今でいう観光旅行のような楽しいものだったのだろうしね。
それにJR東日本のコマーチャルを見ていると現代に至っても神頼みなのかなぁ〜と思う。
時代が巡り巡っても、人間の本質は変わらないものだね。

まあ、生きている人に喜びや楽しみを与えてこその仏教なのだから、商売繁盛大いに結構じゃないですか(^^)/

・珍光景④ 阿久里王の墓

神野寺7

《その昔、鹿野山に棲(す)む阿久留(アクル)王と呼ばれる悪鬼が、上総一帯を支配していた。阿久留王は東征で上総に進軍した日本武尊(ヤマトタケル)と戦う。鹿野山山麓の鬼泪(きなだ)山で両軍は激しく争い、敗れた阿久留王は六手(むこ)の地で捕らえられ、殺される。日本武尊は阿久留が蘇(よみがえ)るのを恐れ、その体を八つ裂きして別々の場所に葬った。》

神野寺の近くに阿久留王(胴体)のお墓がありました。
でも、阿久留王が鬼だったかというと疑問は残りますが…(^^ゞ

以前、伺った飯縄寺さんで聞いた話では、昔、山には山賊が住んでいたので旅人は山道を通らず、船で行き来していたと聞きました。

まあ、天狗に扮した山賊だったのかもしれませんが…。
また以前伺った長福寺さんの話を合わせてみると、阿久留王は蝦夷人(アイヌ人)であり、
日本武尊(ヤマト朝廷)は蝦夷民に対し征服を図ったのではないかと考えるのが筋のような気もする。

でもね…お寺も商売だからね、何か売りがないと存続が危ぶまれるよね。
そこで天狗(修験道)のパフォーマンス(見世物)で参拝客を増やしたのだろうね。

それを裏付けるように年間行事の多いこと…(^^ゞ

神野寺3

まあ、生きている人に喜びや楽しみを与えてこそ仏教だから、商売繁盛大いに結構じゃないですか(^^)/

でも…ここまでやるとはねぇ〜、ある意味脱帽ですね↓

神野寺4

神野寺の人形焼動画

美月

関連記事

コメント

虎騒動の時の住職ってまだ生きてるの?
あはは、誰だか知らないけど、このコメント入れた人は結構年寄りだな。
「つっても」という言語は、ちょっと頭の悪い人が使うスラングだよ。
文句を言うならちゃんと神野寺について語ってごらんなさい。
あれし典型的な金儲け寺だよ。
寺で動物園(トラが逃げて近隣住民大迷惑)する意味がわからないし、
恐竜の卵を買う意味がわからないでしょう?
それが寺のすることだと言うのなら、是非反論してもらいたいものだね。
私に反論する知性があるかなあ?
ふざけんな
地元民からしたら、非常に不愉快な書き方でした。
勉強不足でやり直し!
つってもノータリンだろうから無理か
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR