紅殻格子の日記(159)  差別

紅殻格子の日記(159)  差別

私の祖父が横浜の港湾で働いていたため、実家は本牧付近の路地裏にありました。

猫の小便臭い車も通れない路地で、六畳一間、洗面所と炊事場が共用のアパートが何軒も建っていました。

勿論、風呂がある家などは少なく、近所に銭湯が3軒もありました。

地方では考えられないかもしれませんが、都会のスラムはそんな感じでしたね。

家に風呂がなかった私は毎晩銭湯に通いました。

刺青者やあちらの筋の人も多く、子供心に怖かったことを今も覚えています。

近所に木村さんと言う家があって、そこの兄さんと良く銭湯で一緒になりました。

中学生だった私より一回り年上だった思います。

彼は黒人米兵と日本人(木村さんの奥さん)との混血で、チョコレート色の背中に中途半端な刺青を入れていました。

木村さんの奥さんはその時日本人の亭主がいましたから、結婚する前にできた連れ子だったのだろうと思います。

学校へ行ったのかわかりませんが、当然彼はぐれたのでしょう。

私の目の前に現れた時はヤクザのチンピラでした。

でも私にはいろいろと親切にしてくれました。

スラムから進学校の私立中学に通っている子が珍しかったのかもしれませんね。

確か「俺みたいになるな。まともな暮らしをしろよ」と良く言ってくれていました。

まるで森村誠一の『人間の証明』と、山田洋次の『男はつらいよ』を足して二で割ったような、向こう側の世界に住む人でした。

戦後、貧しかった時代の落とし児なのでしょうが、おそらく向こう側の世界にしか居場所がないことを、周囲の日本人から悟らされたのでしょう。

消すことができぬ黒い肌を怨んだ彼の心情を思うと、差別という意識は人間の生には永遠につきまとうものかもしれません。

恥ずかしいことですが、その意識は間違いなく私にもあります。

しかし問題なのは、差別の意識を恥じるのではなく、昨今は声高に堂々と主張する輩が増えてきていることです。

確かに向こう側の住人は恐ろしいのかもしれません。

だからと言って理由なく排除するのではなく、共有する部分を探していく勇気が必要なのだと思います。

いつの頃だったか、銭湯でも街でも、彼の姿が見られなくなりました。

風の噂で、誰かを刺して地方へ逃げたと聞こえてきました。

今も生きているのか・・忘れられない思い出です。



ゴールデンウィーク(続編)…美月

日差しが高い位置から注ぐ時間ともなると、何処からともなくネービーバーガー、海軍カレー店の前に観光客の列が連なります。

以前のドブ板通りに見られない光景だったのですが、ブームが定着する背景にシチュエーションポイントの高さはあるかもしれませんね。

でも…ここは横須賀。

昼呑み、立ち呑みならともかく、ハンバーガーに行列とは何だか不思議な光景です。

いつもなら昼呑みのプロ集団のいる店に行くのですが、あまりに色が濃すぎて完全健康体でないと雰囲気に飲み込まれてしまうので今回は見送りました。

酔っ払い同士の喧嘩や絡みは日常茶飯事で、何かあれば直ぐに逃げられる体勢でお酒を飲まなくてはいけないのは辛いからね。

でね…今回は可愛らしく串揚げ屋さんで昼呑みしました。

以前から一度は行ってみたいと思っていたのですが、ソースを二度付けしてはいけない掟以外、具材は小さくカットされていて食べやすく、食べ終わってから次を注文すればよいので、常に熱々が食べられるところが嬉しいですね。

カウンターでウーロンハイを飲み始めると、中年夫婦らしきカップルと4人家族が入ってきました。

夫婦らしきカップルは、ご主人が生ビール、奥様はストローでジュースを飲んでいましたが、二人ともソッポを向いて静かに串カツを食べていました。

この時、ふと思ったのですが、飲みに行っても「乾杯!」とグラスを傾けるカップルって少ないんですねぇ。

私達の場合、店飲み、家飲みに関係なく、二人揃って席に着き、心を傾けてから飲み始めます。

長年、何気なく交わしてきた「乾杯」ですが、改めて先生の思いやりに感謝です(^^♪

カップルに続いて視線を送ったのは4人家族です。

両親は40代、娘さんと息子さんは高校生だと思います。

息子さんは学ランを着用していましたが、制服と会話から陸上自衛隊(高等工科学校)の生徒さんだろうと思います。

余談ですが、先生と私は気になる人物について其其がプロフィールを想像し、絵合わせのように一致点を照合しながら、一人の人物の人生を創っていきます。

もちろん相手に確かめたことはないのですが、ほぼ間違いないのではないかと思っているのですが、
だからこそ他人の話でもリアルな現実となり、私達までドラマの一員として会話に参加しているような感覚になるのだと思います。

久しぶりに会った家族は、最初はぎこちなく席に座っていたのですが、息子さんが母親に一枚の写真を見せて演習の出来事を話し始めました。

寮生活をする息子に会うため、ゴールデンウイークを利用して家族で横須賀を訪れただろうことは東北の方言でわかりました。

写真には三台の演習用戦車が映っていました。

一台の戦車を指差し、咳きたてるように演習の様子を語り始めた息子を見つめる母の眼差しはどこか切なく映りました。

演習の大変さもさることながら、入学してからというもの、この子がこんなに喋った日はなかったのだろうか?

そう思うと、親元から離れて寮生活をしている息子を心配する母の思いは複雑だったと思います。

ガタイのよい父は息子の話を聞きながら、盛り合わせで注文した大量の串揚げの串を息子の方に向けなおし、「いっぱい喰え!」と言わんばかりに顎で合図していました。

親が離れて暮らす我が子を思う気持ち、子供が親に心配をかけまいと明るく振る舞う様子に、先生と私まで泣けてきてしまいました。

…と、同時に・・・

この店に来る前に、一人、海を見ながらお弁当を食べていた学生さんのことを思い出しました。

同じ制服を着ているということは、彼も高等工科学校の生徒さんなのでしょうね。

なぜ一人でいたのか? 彼の両親は逢いに来なかったのか?…来れなかったのか?

そう思うと愚人ではありますが、人並に親となれた先生と私は、彼の身上を察し無性に泣けてしまいました。

前回の観艦式に参加させていただいた際にも、海上自衛隊の若者たちの凛々しい姿と対象に、子供の安全を祈る親御さん達の切なる思いに泣かされてしまいましたが、青い空の下、志高く風波の上に立つ若者一人たりとも死んでほしくはないのです。

戦争に限らず、自分より若い人が死んでしまうのは辛いのです。

でも、アメリカのお母さんも同じ気持ちでしょうね・・・。

北朝鮮、韓国、中国、そして日本・・・どの国のお母さんも我が子を思う気持ちは一つです。

日本人は平和ボケしていると言われていますが、それは「平和」とは何かを知らないからかもしれません。

だからこそ、もっと高度は平和的意識を一人一人が持たなくてはいけない時代なのだと思います。

美月



プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR