ゴールデンウィーク…美月

4日は先生の家の雑草を刈り、いやいや鬼退治と言った方がよいほど奴らは手強かったなぁ。

でも一汗かいた後は、先生の好物の枝豆、春キャベツ、タケノコとフランスパンで優雅なブランチを楽しむことができて、全てはこの一杯の為にあると思ってしまうほど労働の後のビールは美味しかっなぁ。

でね、喉が潤った後に食道を流れる清酒の染みること…日本人でよかったと思う瞬間でした。

夜は先生馴染みの中華料理店に行き、グラス片手にパパ、ママと楽しいひと時を過ごすことができました。

酒を酌み交わし心通わせる間柄に国境はなく、この穏やかな平和がいつまでも続きますように…と願う気持ちは一つです。

そして遠く九州に勤務先が決まり、寮で暮らす長女さんを心配する親心に境界線はありません。

翌日は爽やかな風と皐月の空の蒼さに導かれ、横須賀ヴェルニー公園に汐風を感じに行きました。

園内はフランス式花壇や噴水、洋風あずまやなどが設けられ、フランスの品種を中心とした130品種・約1,400株のバラが彩りを添えています。

海沿いにはボードウォークがあり、潮風の中で散歩を楽しめます。

横須賀本港を一望でき、係留されている艦船を見ることができます。

公園から見て、右手に米海軍基地、左手に海上自衛隊地方総監部が望めます。

ここで先生と私は、美しい薔薇を背に海を見ながらビールを飲んで日向ぼっこを楽しみました。

横須賀は昼酒飲み文化が根付いていますが、さすがにヴェルニー公園の薔薇で花見酒をする人はいませんでした。

あっ、仲間が一人…超丈の短いセーラー服を来た30代のオカマさんが、私達の前を通り過ぎる時、一緒に飲みたそうにしていました。

桜の下には大勢の酔いどれ客がいるのに、薔薇や紫陽花、向日葵、紅葉を観ながら花見酒する人は少ないですね。

まあ、私達が酒飲みと言われる由縁は、飲む為の理由に固定観念を持たない自由さにあるかもしれませんね。

日差しも高くなりビールも温くなったきたので、そろそろお昼ごはんを食べようと街に出ました。

休日のお昼ごはんは当然酒盛りとなってしまうのですが、先生と出会ってから「酒が飲める女でよかったぁ〜」とつくづく感じています。

お酒を一緒に飲みながら、ほろよく酔っていく過程に一体感が生まれるんですよね。

公園を出る際、海沿いに設置されたベンチに座り、一人、海を見ながらお弁当を食べる陸上自衛隊高等工科学校の生徒さんを見つけました。

私達の視点が同時にロックオンされれば、頭の中で物語の粗筋が出来上がるのですが、一人でいることに少しの違和感を感じましたが、ゴールデンウィークで休暇がもらえてのんびり過ごせているのだろうと思い、その場を後にしました。

横須賀の街は人種の坩堝で、様々な言葉が飛び交っています。

店先に掲げられた看板の文字を見なければ、ここが日本であることを忘れてしまうほど肌の色の違う人達が風景の中にスッポリ収まっていました。

そんな町の片隅に、色褪せた里親募集のポスターが貼られていました。

草むらで4.5人の子供達が遠くを見つめる写真の中に、一際目立つ少女がいました。

その少女の姿は、今でいうハーフなのですが、私が幼い頃は混血と呼ばれ、異質な存在として扱われていました。

まだ見たことのない混血児は妖怪に近いものがあり、中学生となり横須賀を訪れるまでその恐怖は続きました。

ドブ板通りは見るもの全てが異国の地であり、金髪でバレーボールのようなおっぱいの女性、丸太のように太く黒い腕をした男性を目にした時の衝撃は、今も鮮明に記憶されています。

当時、一緒に行った友達は、とても外国通で海外バンドの大ファンだった為か、ハーフの子供が欲しいと言っていました。

私も彼女に負けず劣らず音楽としての異国文化に惹かれてはいましたが、幼い頃、何度も耳にした混血という強烈な言葉の印象が歯止めとなり、今一歩、異界に踏み込むことができませんでした。

でも、この時の怖いもの見たさが、先生と異界を歩く緊張と興奮の原点ではないかと思っています。

つづく…

美月
プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR