逢瀬に向かう車窓から…美月

今週末は東浪見で過ごします。

桜も見事に花を咲かせ、今週末、お花見を予定していた人も多いかと思います。

私達も毎日のメールのやり取りに、桜、お花見というキーワードがどれだけ書かれていたか…(^^)

それなのに暗い朝に雨の雫で目覚めれば、また目を閉じたくなってしまいそうな現実にしょんぼり。

春の陽気は変わりやすく、菜の花畑に朧月を浮かべることも簡単ではないようです。

でもね、晴れても雨でも桜は桜…。

今年の桜を、見事に咲き散る刹那に負けず、命いっぱいの花を咲かせてくれる桜を褒めてあげたいじゃないですか。

桜の開花と同じく先生の暦も新たな年度を迎えました。

夜桜に男と女の影二つ、朧月夜を見上げれば ぼんやり母の姿が浮かんで見える。

先生のお母さんがお亡くなりになって10年経ちますが、母親を見舞う先生が病院敷地で見た桜は、どの年よりも淡く揺らいで揺れていたと思います。

そしてガン宣告、手術により生還し五年目となる今年の幕開けは、先生の大出世から始まりましたが、何事にも明るい未来の足場となる今を大切に、先生と仲良く過ごしていきたいと思っています。

美月

プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR