紅殻格子の日記(158)  酒

紅殻格子の日記(158)  酒

先日、ある方から日本酒を頂きました。
何やら東京の造り酒屋が予約限定で仕込む幻の名酒だと言います。
美月と二人で飲みましたが、とりたてて美味しいとは感じませんでしたね。
醸造用アルコールが添加されており、喉に焼けつくような炎症感を覚えました。
吟醸酒には味を軽やかにするため醸造用アルコールを使用することがあります。
それ自体もどうかと思いますが、アルコール度数19度のどっしりした生酒で、醸造用アルコールを添加するのは如何なものかと考えます。
好きな酒は人それぞれですが、だからこそ人様に酒を勧めることは難しいのです。
私自身も自分の味覚が人様から受け入れられるか見当がつきません。
結果的に世間で評価されている酒、古くは越乃寒梅、今では獺祭を推奨することとなるわけです。
これは酒に限らず、いろいろな食べ物・飲食店についても同じ理屈なのでしょう。
ですから美味しいものは自己満足している範囲が丁度よく、それを人様に知らしめようとすること自体が傲慢ですよね。
ミシュランなど諸悪の根源でしょう。
私は千葉県の久留里にある『藤平酒造』の酒を愛していますが、最近いささかうんざりすることがあります。
若い主人が山田錦他いろいろな米を使い、それぞれ磨き度合いを変え、覚えきれないほど日本酒の種類を造り出しています。
まるで実験室みたいなもので、ひと月ごとに一銘柄増えるような感じです。
良く言えば味覚の選択肢を増やしているわけですが、悪く言えば「この一品」という自信がない現れでもあります。
「最高の酒はこれです」と店の威信をかけて勧められる酒がないと言うことですよね。
職人は消費者に迎合してはいけません。
そうでなければ最高の酒を造る意欲を失ってしまうことになります。
それは自分の味覚を試される怖い行為だと思いますが、逃げてばかりでは本当の職人にはなれませんよ。

逢瀬に向かう車窓から…美月

あいにくの曇り空にもかかわらず、車内には春色の服が所狭しと咲いています。

四月も半ばを過ぎ、冬の寒い朝の辛ささて遠い日のように感じています。

桜も花が散り若葉が芽生える季節の変わり目は、心も体も揺れる時期なのかもしれませんね。

そんな私も本日はマスクをして出かけています。

三年以上、大杉の山々を走り抜けているせいか、スギ花粉に悩まされることはなくなったものの、蛙が鳴きだし田植えが始まる頃、黄砂が飛んでくると天気予報で知る頃、ゴールデンウィークは何で黄金週間というのか、おいおい、ちっとも輝いてないぞ!とボヤくこの時期、私はマスクをしながら大量の鼻水、あちこち痒みと戦っています。

特に耳の奥の方と扁桃腺辺りを擽ぐる何かにやられてるんですよね。

そういえば出逢い始めのこの時期、瞼の腫れと空咳、鼻水の為、サングラス、マスクを着用で逢いに行ったら、悪そうなタヌキに見えるからやめてくれと言われたことを思い出すなぁ。

まだ今ほどタヌキではなかったけれどね(・・;)

でも、先生と出逢わなければ、この時期、遊びに出かけることはなかったと思うと先生の神力とは凄いものだと思います。

あっ、冬も寒いから出かけない。

う〜ん、秋もブタ草はじめ数々のアレルギー物質に立ち向かう元気がないから出かけない。

それと夏が終わってしまうと思うと寂しくて、季節性うつが出てしまい前向きな物の考え方ができないので出かけてもつまらない。

では、もっとも体調の良い夏はというと、友達や家族に夏好きが居ないので出かけない。

結局、私は先生に出逢えなければ、思い出の大半を空想で賄うしかなかったのだと思うんだよね。

私は先生のことが大好きだから、一緒に居られる時間を何より幸せだと思うけれど、でも幸せだからと行って外遊びできるかというと、もって2年程度だと思うんだよね。

街を歩くカップルを見ていると、バラバラな方向を見ながら一人歩きしている姿をよく見かける。

二人でも一人が定着した関係ともなると、それはそれで気を遣わずの心地良さがあるかもしれないよね。

でも、大概は新鮮な関係を求めても、安売りスーパーのおつとめ品をあさってしまうものかもしれないなぁ。

でも、否応ながらも年を重ねてきた今だから思うけれど、これからは良い物を大切に使えるよう、執着の持てる人や品に囲まれて暮らしたいよね。

年を取ると我儘になるのは世間が狭くなるからじゃないと思う。

拘りが強くなるから譲れないものも増えてくるんだよね。

美月

紅殻格子の日記(157)  散策

紅殻格子の日記(157)  散策

先週の土曜日は美月と一緒に東京の室町、末広町、上野公園、アメ横と18,000歩も歩いて湯島のラブホテルに泊まりました。

翌日曜日は湯島天神から神田明神辺りまで10,000歩、都心を歩き回りました。

もちろん地図もガイドブックもない散歩です。

この道を曲がったら何処に出るかわからないけど、変な建物があるからちょっと行ってみようか・・って感覚です。

でも二人で歩くといろいろな発見が目白押しで楽しませてくれます。

名も知らぬ寺院に植わった木々の若葉を愛で、道端に掲げられたペットの糞尿始末の看板を笑い、行き交う人々の生活を想像して討論になります。

ですから名所旧跡は混雑するから敢えて避け、何もない生活路地を住人に怪しまれながら好んで歩きます。

路地に並ぶ鉢植えが生き生きしていると、そこに生活を感じて嬉しくなりますよね。

だって何の飾りもない人々の生活を共に体感できるんですから。

「谷根千」散歩が流行りなのかもしれませんが、私は人工的なテーマパークを歩いて何が面白いのかわかりません。

「鎌倉」も然りです。

人が褒めている道や店を辿ったところで何が生まれるのでしょうか?

もし私が美月以外の普通の女性とおつきあいしていたら、定番の「谷根千」を歩かされていたでしょう。

勿論我々も「谷根千」を歩いたことはあります。

でもほとんど定番のコースに辿り着くことはなく、谷中墓地にある五重塔跡を偶然に発見して感動していました。

興味のある方は、『谷中五重塔放火心中事件』で検索して下さいね。

話はそれましたが、美月と私は一日墓地にいたとしても、墓標を一つ一つ見ながら想像を膨らませて楽しめると思います。

このようにいつも美月と私の感性が似ていると自慢していますが、どうすればそれが理解しあえるのでしょうか?

昔、私は美月が一方的に自分の近所話を始めた時に、「お前の話はつまらん」と怒ったことがありました。

絶対に会話は二人の経験に根づいた共通の話題でなければ面白くないのです。

しかし出逢った当初は共通の話題などありませんよね。

もしたまたま話の中で『京浜急行に乗っていた』というキーワードが一致したら、京急自体は元より、当時の沿線の貧しさ、スラム街の思い出へと繋がり、永遠に歩き切れない散歩道が続いていくでしょう。

こうして美月と私は12年も続く散歩を続けて来られたのかもしれません。

移住セミナー…美月

土曜日は千葉銀行主催の移住セミナーに行ってきました。

第三回セミナーは、銚子市と一宮町からの募集だったので、先輩移住者2名のお話を聞いてきました。

銚子代表は二地域移住というスタイルで習志野と銚子に住まいを構える自立したシングルの女性でした。

仕事をこなす平日は習志野の賃貸マンションに住み、休日はのんびり銚子の古民家で過ごすそうです。

銚子の古民家は驚くほど安かったといっていましたが、二重生活をするとなると節約も必要となってきますね。

そして一宮町代表は市長さんの奥様です。

こちらに越してきて15年ほど経つと言っていましたが、子供のいる生活となると一番は生活環境かも知れませんね。

学校、病院は近くにあると言っていましたが(いつも通っているので知っているけど・・・)、旦那さんである市長さんが町の良さを熱く語ってくれましたが、オリンピック開催地に決まってからも街は穏やかな状態が続いています(^^ゞ

話の内容としては(町のPR)、両者とも想像していた通りですが、
移住するとなると、今ある週末の楽しみが失われてしまう気がして少し考えてしまいました。

平日の忙しさ、賑わいがあるからこそ、週末の穏やかな時間が至福の時となっている。

至福の時が日々の暮らしとなると、やはり華やかな街の灯りが恋しくなると思うんですよね。

そう思うと・・・二地域移住が理想かもしれないと思いました。

まあ、あと数年は決断を出せる年代ではないので、しばらくは今のスタイルで、週末、東浪見暮らしがベストかな(*^^)v

でも、何が一番嬉しかったというとね・・・

先生が移住セミナーに行ってみようと誘ってくれたことです。

先生が未来の私達のことを話してくれる時、想像してくれる時、私はとても幸せな気持ちになります。

いつまでも先生のそばにいたいと思っているからね。

だからね、本当は都会でも田舎でもどちらでもいいの…。

先生がいつまでも元気でいてくれたら、どちらに居ても楽しめる自信はあるんだもんね。

美月


美希さんへ

美希さん、「座敷牢」からこちらにお越しくださいましてありがとうございます。

それからコメントありがとうございます、お返事が遅くなってごめんなさい(^^ゞ

> 私も大学在学中、心臓の僧帽弁閉鎖不全で手術を受けました。

> 人工心肺を使って、自分の心臓を止めての手術だったので(4時間以上私の心臓は止まっていた事になります)、 手術が終わった後はなんだか生まれ変わったような気分でした。

> 幸い術後の経過は良くて、大学も無事卒業し社会人となり、今月で29歳になりました。

そうですか、大変なご経験をなさいましたね。

身体にメスを入れる恐ろしさもさることながら、医学が進んだからといっても手術成功が絶対ではないですもんね。

他人事なら確率(数字)で良し悪し判断できても、いざ自分のこととなると99%でも残りの1%まで心配してしまいます。

> それからはなるべく自分のやりたい事をやろう…と思い、高校の頃少しかじった演劇、ダンスをまた始め、恋愛も積極的に(一時期妻子ある方と関係を持っていた事もあります)なりました。

うん、前向きな女性は素敵ですね。

美希さんのようにマイナスをプラスに変えられる女性は、この先、どんなことにもチャレンジできると思います。

> 現在は7歳年上の男性と付き合っていて、今年入籍予定です。

うわぁ〜、そうですか・・・それはおめでとうございます。

若いって素晴らしいですね・・・お幸せなお二人の姿が目に浮かびます。

結婚がお二人にとってかけがえのかい時間となりますように…

不良老人二人、影ながら応援していますね(^^♪








紅殻格子の日記(156)  極悪同盟

紅殻格子の日記(156)  極悪同盟

昨日、面白いネコのぬいぐるみをUFOキャッチャーで捕りました。

我が家のルナとそっくりです。

意地の悪そうなネコですねえ。

IMG_4791.jpg

IMG_4781.jpg

紅殻格子の日記(155)  伴に生きる

紅殻格子の日記(155)  伴に生きる

雨空の下で、房総の桜は満開となりました。

普通なら「今年の桜は残念だった」と言うことになるのですが、私と美月はひねくれ者なのでいつも意外な発見をします。

晴天に桜を観るより曇天の桜は美しいと感じました。

晴天に桜を観ると光の加減で白っぽく映りますが、曇天では光が弱いためか薄いピンク色がくっきりと際立ちます。

55年生きてきて、恥ずかしながら初めて気づきました。

大半の人が忌み嫌う雨の日の花見・・でもそれはそれで実に風流な眺めなのです。

今日も雨中に美月と古刹の桜を観ながら、そこに新しい感動を見出すことができて幸せだと実感しました。

小湊鉄道の上総牛久駅前に「木村屋」という蕎麦屋があります。

数年前に偶然訪れてから通い続けているのですが、そこは昭和のまま時代が止まってしまったような変哲もない古い蕎麦屋です。

もちろん味も特筆すべき点はないのですが、素敵なお母さんと息子が私と美月のお気に入りです。

三組も客がいると蕎麦が出るのに一時間かかるほど息子は馬鹿正直に料理をつくります。

ローカル線の駅前にあるので、列車の時間が気になる客には、まだ一時間もあるのに「できない」とお母さんは門前払いしてしまいます。

全く商売っ気のない蕎麦屋なのです。

でもがっかりして帰る客の姿が面白くて、私と美月は常連としてお二人と仲良く接して貰えるようになりました。

今日も蕎麦を食べてから30分以上もお母さんの昔話に耳を傾けていました。

私は人見知りなので、とても一人では他人と仲良く会話できる性分ではありません。

ところがその欠点を補って余りあるほど、美月は、人づきあい、否、人あしらいが上手いのです。

ですから美月が一緒でないと、これほど沢山の人々と交流することができなかったろうと思います。

お母さんと美月が話している横で私はただ頷いているだけですが、とても素敵な時間を過ごすことができました。

美月でなければ、木村屋さんへ毎月一緒に通ってくれなかったでしょうし、一緒にお母さんの話を聞いてくれなかったと思います。

だから、美月と私は、伴に生きるべくして出逢ったのだと強く感じます。

美月がいなければ人生の楽しみは今の半分もないでしょう。

本当に有難く感謝しています。

逢瀬に向かう車窓から…美月

今週末は東浪見で過ごします。

桜も見事に花を咲かせ、今週末、お花見を予定していた人も多いかと思います。

私達も毎日のメールのやり取りに、桜、お花見というキーワードがどれだけ書かれていたか…(^^)

それなのに暗い朝に雨の雫で目覚めれば、また目を閉じたくなってしまいそうな現実にしょんぼり。

春の陽気は変わりやすく、菜の花畑に朧月を浮かべることも簡単ではないようです。

でもね、晴れても雨でも桜は桜…。

今年の桜を、見事に咲き散る刹那に負けず、命いっぱいの花を咲かせてくれる桜を褒めてあげたいじゃないですか。

桜の開花と同じく先生の暦も新たな年度を迎えました。

夜桜に男と女の影二つ、朧月夜を見上げれば ぼんやり母の姿が浮かんで見える。

先生のお母さんがお亡くなりになって10年経ちますが、母親を見舞う先生が病院敷地で見た桜は、どの年よりも淡く揺らいで揺れていたと思います。

そしてガン宣告、手術により生還し五年目となる今年の幕開けは、先生の大出世から始まりましたが、何事にも明るい未来の足場となる今を大切に、先生と仲良く過ごしていきたいと思っています。

美月

ありがとうの言葉…美月

毎朝、毎晩、先生とメールを交わすようになってから12年という長い月日が経ちました。

古いメールの中には、今も生き続けている言葉があります。

そんな言葉の数々を、当時の想い出を振り返りながら、少しずつブログに綴っていこうと思います。

先生の言葉はいつの時も私の心の支えであり、今を生きる活力です。

ここに記しておけば、いつでも見ることができるもんね。

やっぱりTOPは、この言葉しかないなぁ・・・。

この言葉を頂いてから、

どんなことにも躊躇することなく、思い通り真っ直ぐに生きようと思えるようになりました。


言霊3 


春なのに…美月

今日の朝一番の仕事は病院面談から始まった。

既往症にダウン症を抱える18歳の女性の重度障害申請についての面談だった。

この春、念願だった就職も決まり、淡い春がより濃いものとなるはずだった矢先、

心房細動を発症し、呼吸不全から低酸素脳症を起こし重度の障害をおってしまった。

今度の回復の見込みについてお聞きする為、担当医と面談だったんだけどね・・・。

一生寝たきりの状態となってしまった彼女の人生を思うと、同じ子を持つ親として胸が張り裂ける思いがした。

見ることも聞くことも話すこともできず、ただ眠り続ける娘を見守る両親の思いが届くことは奇跡に近いと先生は言っていた。

病院の庭には桜の木が並んで植わっていた。

強風に煽られ舞い散る花びらがあまりに切なくて、思わず泣けてしまったよ。

三月生まれで「優花」名付けられた彼女の生涯は、どれほど輝いていただろうか・・・。

「神は乗り越えられない試練は与えない」とタレントの誰かが言っていた記憶がある。

「それは本来の意味は違う」と、タレントの言葉を否定した意見も聞いたことがあるように思う。

でもね、何の罪も犯していない純粋な少女に、幾重にも辛い経験を与えなくてはならない理由は何なのか?

そんなこと誰にもわかるはずないよね。

でも、もしも・・・世の中を照らす光が天から降りてくれば、きっと彼女を救ってくれるはずだよね。

美月






紅殻格子の日記(154)  都会遊び

紅殻格子の日記(154)  都会遊び

会社から解放されて美月と逢える週末、その半分は上総一宮の東浪見で、残り半分は都会で過ごしています。

田舎にいると刺激が少ないので感性が研ぎ澄まされます。

敏感になった感性で翌週都会へ出て来ると、余りの情報量の多さに目が眩むようです。

行き交う人々が皆おかしいわけです。

今日は川崎の大師付近、若宮八幡宮(金山神社)の『かなまら(金魔羅)祭り』へ行きました。

Yahooで検索するとわかりますが、男根神輿が練り歩く「性」のお祭りです。

金山神社はそもそも鍛冶屋の神様で、鉄を熱する鞴(ふいご)が性交時のピストン運動に似ていることから「性」祭になったようです。

集まる人々の半数は外国人で、男根の形をした飴を女性達がペロペロ舐めながら歩いていました。

二年前に初めて訪れた時は吃驚しましたが、さすがに二回目となると恥ずかしさもなくなります。

東京オリンピックのサーフィン会場である東浪見も、国際大会が開かれる度に外国人で溢れる国際田舎ですが、この祭は圧倒的な多民族都市を一日だけ造り上げます。

白人・黒人・黄人が入り乱れて大騒ぎするのです。

「人類皆兄弟」とは右翼のフィクサーだった笹川良一のスローガンですが、それを『かなまら祭り』では実感できますよ。

特に人口が減少を続ける日本人よ、もっと「性」に大らかになりなさい。

男はもっと男根を鍛えるべきですし、女はもっと男根の気持ちよさを楽しみなさい。

本当に都会はミステリアスですね。

でも今週は人に酔ったので、来週は東浪見でゆっくりしたいなあ。






プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR