逢瀬に向かう車窓から…美月


今日は土曜日出勤だった。

ポカポカとした日差しに、あぁ〜仕事をしているのが勿体ないなぁ〜と思いつつ、あれ?時給で働く身としては、お金が入るのに勿体ないとは不思議だと一人苦笑してしまいました。

今日はスカイラインのリコールもあって、先生は日産に納車してから横浜デートです。

どうしても逢おうとするシツコさに申し訳ないと思うこともあるけれど、定時まで仕事をすると今日は逢えなくなると思ったので、早上がりをお願いして夕暮れ迫る電車に乗っています。

たまには疲れている先生を解放してはあげればいいとは思っているんだけどね。

でもね、心って分割してる部分があるから、愛一つとっても右と左で言うことが違ってしまう。

花占いのように花びらを散らせながら、好き、嫌いと唱えつつ、嫌いで終われば迷信だといい、好きと出れば頬がポッと熱くなるのが恋心。

ズルくたっていいんだよね。

だって独り言なんだからね(^-^)

仕事を急いで終わらせて、先生に逢いに向かった夕暮れの車窓が懐かしい。

窓に映る私の顔が、私の知らない女の顔に見えていた。

今もあの頃のことを思い出すと胸がキュンとする。

先生と出逢えてよかったと、何度、思っても思いたりないほど恋してる、55歳のおばさんがいても世の中面白くていいよね。

昔からね、バカは死ななきゃ治らないらしいから、灰になるまで恋するつもりです。

追伸…バカは死んでも治らないこともあるらしいから
、その時はこの世に蘇り再び先生に恋します(^-^)

美月














紅殻格子の日記(192)  嗚呼、チバニアン。

紅殻格子の日記(192)  嗚呼、チバニアン。

この日曜日、いつものように東浪見からの帰り道、養老川に沿って房総半島の中央を北上していた時のことです。

田淵という集落に、人の群れと臨時バス停ができていました。

普段よく通る道なのですが、今まで住民の姿など一度も見かけたことのないところです。

美月と首を傾げながらしばらくして、そこがチバニアンの発見された崖があることに気づきました。



千葉県市原市にある地層が、地球の歴史で約77万~12万6千年前の時代を代表する標準地に認められる見通しとなった。茨城大学や国立極地研究所などの日本チームとイタリアチームが競っていたが、国際学会の専門部会での投票で日本チームの申請を妥当だとした。ラテン語で「千葉時代」を意味する「チバニアン」と命名されることが濃厚になった。
日本の地名が採用されれば初めて。日本チームは2017年6月、市原市の養老川沿いに露出する、地球の磁場(地磁気)が逆転した痕跡を残す「千葉セクション」という地層を申請していた。日経新聞より。


私と美月は大笑いしました。

その名もない崖がここ一、二カ月で既に観光地化されていたわけです。

森田健作知事の策略か、小湊鉄道の商魂か、この間まで誰も近づかなかった川沿いの崖に人々が列をなしているのです。

しかも並んでいる人々はどう見ても地質学者ではなく、歩こう会で訪れたであろう老人達に他なりません。

だってあるのはただの崖ですよ。

地質学の専門家でもない人が見ても、ただの崖にしか見えないんですよ。

次第にwalking dead、生ける屍を見て背筋が寒くなりました。

おそらく田淵集落に集まった人々は、地磁気の逆転現象さえも知らず、ただテレビでやっていたから行ってみようと思ったのでしょう。

翌日、「私はチバニアンを見てきたわよ」と自慢したいだけのために。

でも「それがどうして騒がれているの?」と聞かれたら、誰も答えることなどできないのではないでしょうか。

日本は豊かになったのですから、少しは精神的な豊かさも求めませんか?

他人から指示されるのではなく、権威に盲従するのではなく、自分が素晴らしいと感じるものを大切にしませんか?

そのチバニアンの近くに、月崎駅と上総大久保駅を結ぶ林道があります。

そこは夏に初めて通った時、青々とした紅葉が延々と植えられていました。

宣伝も何もされていませんが、きっと12月に入ったら綺麗だと思いますよ。





逢瀬に向かう車窓から…美月

寒々しい朝ですが、気持ちは小春日和です。

今日は、先生がサッカー応援をサボってくれたので東浪見に行くことができました。

会社のサッカーチームの試合観戦となると完全に仕事だと思うけれど、先生、嫌味を言われながら断ってくれました。

う〜ん、これでいいのかなぁ(^_^)

週末を東浪見で過ごすようになって三年経ちますが、今でも…ううん、行き始めた頃より穏やかな時間を過ごせています。

TUTAYAで古い映画を繰り返し借りて、旬の食材が出ていると大騒ぎで買い物して、同じ店でお昼ごはんを食べて、大好物の日本酒を買って、生きた水を汲んでいく。

何度も同じことを書いていますが、いつまでも描きたい生活習慣です。

金曜日は浮かれているらしく、会社で名前を知らない人から「いつも元気で楽しそうでいいですね!」と言われることがあります。

年齢を聞かれて55歳というと、30代、40代の自由な立場の方から、年を取る励みになると褒められて今の自分を振り返る。

顔や体型は年齢相応だけど、50代で浮かれてる脳天気ババアは少ないのだろうと思う。

先日、先生とも話したけれど、結婚しない人達が増えているのは、既婚者が結婚の良さを語らないからじゃないかな⁈

「おい、結婚はいいぞぉ〜、お前も早く結婚しろ!」

…と、ニヤリと夫婦生活を回想しながら部下に結婚を促す上司もいなければ、旦那の小自慢、子育ての楽しさを語る主婦も居なくなった。

いつからそうなったのかわからないけれど、昔の方が選択肢が少なかったはずなのに、自由が不幸せを呼ぶとは不思議だよね。

朝のワイドショーで歴史の教科書が変わると言っていた。

街角インタビューでは、好きな偉人が消えることがどうしても納得できない人達が多かったけど、坂本龍馬やマリーアントワネットにしても、継続して好きでいればいいだけのことではないかと思った。

それもね、親戚でもない、まるっきり赤の他人のことで腹を立てたり意見したりできる人は一体何者なのだろうかと思う。

まあ、私の場合も先生の小説に出てくる人物が現実に生きている人となっているから同じことなのかもしれないけどね。

あっ、ここ、嫌味ねっ(^^)

さて、性格の悪さが出たところで、今日も私は元気であることを実感する。

いつか、訳もわからず、世の中全てに感謝しだしたら死期が近いんだろうなぁ〜。

まあ、こんな意地悪カップルとお付き合いしてくれている皆様だからこそ威張っていうけれど…

憎まれっ子世に憚るでいいよねぇ〜( ^ω^ )

美月

逢瀬に向かう車窓から…美月

昨日は先生が仕事だったので、今日は都会の秋を探しに出かけます。

本当なら今日も仕事だったみたいだけど、今日という日を作ってくれた先生には大変、感謝しています。

でも今日出かけられなくても、私が先生に逢いたいと思っていることを、いつも忘れないでいてくれていることが一番嬉しいことなんだけどね。

それにね、私は先生のことになるとものすごく大袈裟女になるけれど、先生はウザいと思わず(いや、思っていても…)、受け入れてくれている。

飲み会の帰りにメールの返事がなくても、疲れて居眠りしてるだろうと思っていながらも、ホームから落ちたんじゃないか?新幹線で乗り過ごして名古屋にいるんじゃないか?と心の中がザワザワしてしまう。

まあ、普通に考えたら五月蝿いでしょ(汗)

でも、先生は、心配させて悪かったね…と言ってくれるから、いい気になって取り越し苦労を押し付けてしまうんだけどね。

先日、伺った家の御主人が、遺影の中で和かに微笑む奥様について話してくれたけれど、「こんな顔、子供や孫には見せても、俺には見せたこと」がないと言っていた。

「所詮、他人だから仕方ないのだろう」と言うけれど、そうじゃないことに気づけないことを哀れに思った。

笑顔というのは一人で作れるものではないからね。

相手の顔が笑っていないと一人ぼっちで楽しくないよね。

孤独は自分が作る世界なのだと改めて感じた出来事だった。

私は数え切れないほど先生の写真を持っているけれど、写真の中で微笑む先生を見ているだけで幸せな気持ちになる。

でも、どんなに沢山の微笑み写真を持っていても、生の先生の笑顔には敵わないなぁ~。

だから今があることに感謝してる。

先生と出逢えて、今日を愛することに気づけたことが嬉しいなぁ(^_^)

美月

お月見…美月

先生も書いてくれましたが、素晴らしいお月見をすることが出来ました。

灯りの乏しい時代には、月は神のごとし夜を明るく照らしてくれていたのでしょう。

海に出て潮風と波音を浴びながら、水面に浮かぶ月を愛でる。

元々、海洋民族だった日本人、月を信仰することは自然なことと言えるかもしれませんね。

東浪見の宿は全室オーシャンビューになっていて、少し高台に建つ10階のベランダからは水平線まで覗くことができます。

ベランダに椅子を並べて、少し冷たい夜風に当たり月見酒を交わす。

想い出話をしたり、普段、隠れている感情を晒して、泣いたり笑ったり。。。

他愛もない話をしながら、今、この幸福に感謝する。

都会は物があり過ぎて、大切なものまで埋もれてしまう。

月明かりで遠くまで見えないけれど、隣に座る人の心を透かして見せてくれる。

こんなにも心穏やかな夜を過ごせるのも先生のおかげだと感謝してるよ。

海に浮かぶ月のように、私の瞳の中の月も揺れていた。

頑張って来たつもりはないけど、先生が居てくれることが幸せで、幸せを感じると気が緩んで泣けてきちゃう。

いつまでも二人並んでお月見ができるように健康には気を付けようと思う。

だって、こんな素敵な人生、滅多にないもんね(^_-)-☆

美月


プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR