読者の皆様へ  (紅殻格子)

読者の皆様へ(紅殻格子)

ブログをリニュアルしました。
新しく『黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月』というタイトルで内容を一新します。

今までは、私、紅殻格子の『妄想の座敷牢』と愛人美月の『灰になるまで恋を』の二つを別々に主宰していましたが、年を経てお互いの状況が変わり、二人で一緒に居る時間が多くなり共通体験が増えてきました。

ならばこれからは二人で生きていく様を一つのブログを綴っていこうと考えた次第です。
(従来のブログは更新しませんが残してリンクしておきます)

この新しいブログのテーマは不良老人の生き様です。
私達は決して世間から褒められる生き方をしていません。

お互いに家庭がありながら、愛人関係を10年にわたって続けてきました。
しかし私達は籠の鳥になれない情熱に突き動かされてきたのも事実です。

それが若いうちなら未だしも、50歳を過ぎた今でも、二人で一緒なら何でも好きなことができるのです。
否、50歳を過ぎたからこそ、私達は籠を飛び出して自由な大空へ羽ばたけるのだと思います。

もう残りの人生は好きなことだけして生きていこう。

癌に侵されて死を見つめた私は、敢えて子供や親族、友人から不良老人と呼ばれても、しがらみを捨てて美月と自由を謳歌すべきだと改めて決意したのです。

真っ赤なスカイラインに乗り、五十の手習いで馬に乗り、愛人の美月にも一日二回乗り・・

おそらくエロも含めて皆様の嘲笑をかいながら、黄昏時に至った人生を、これから幸福の満月へと膨らむ三日月に喩えつつ、二人で好き勝手に残していきたいと思います。

妄想の座敷牢6
「妄想の座敷牢」

image3.jpg 
「灰になるまで恋を…」

逢瀬に向かう車窓から…美月

今週末は東浪見生活です。

私達のプライベートビーチでもある釣ケ崎海岸でサーフィン世界大会がある為、インターネットで常宿の予約が取れない状態だった。

でも、二週間、汐風に当たらないと都会のストレスが憎悪するので、電話をかけて聞いてみたところオーケーをもらえたので楽しい週末となりました。

まあ~、まだ着いてもいないのだから楽しいかどうかわからないけど、先生が居て、海が見れて、美味しいお酒と旬の食材が揃っていて、う~んと不満足を訴える人はいないと思う。

今日の車内の伴は、大人子供の団体さんです。

男女仲良く振り分けられた
四人掛け三つと二人掛け六つの席、それぞれの頭の上の網棚には美しく整理整頓されたリックサックが並んでいます。

まるで小学生の遠足かよ!

…と思わず、リーダーらしき老人の頭をど突いてしまいそうになりますが、今日という日を楽しみに思っていた気持ちは私も同じなので許してあげましょう(^^)

何故、歩こう会ではなく、遠足かと予想したかというとね…

朝からお酒を飲む人はいるは、お菓子を配る人、家で漬けたお新香を楊枝にさして無理やり食べさせるオバさん、手作りのしおりを自慢げに見せるオジさん、〇〇ちゃんと年甲斐もなく気さくに呼び合う間柄、このメンバーを小学校の同級生と読まなければ、他になんと説いていいかわかりません。

私は小学校、中学校の友達も居ないし、高校の友達とも年賀状二枚ほどの付き合い。

長年、勤めた古巣の仕事仲間とは、一年に三回位、飲み会に誘ってもらっていますが、個人的に飲むことはない。

今の会社の同僚ともたまに帰り時間があうと飲みに行くけれど友達ではないしね。

でも、友達100人より先生一人いればそれでいいんだよね。

むしろ友達100人作ろうと思えば作れるんだけど、先生一人と出会えることは私の人生では奇跡に近い偶然のタイミングだった。

だから、誰に馬鹿にされても凛とした心でいられると思うんだよね。

気持ちの持ちようで人生の語り口は変わってくるものだから、大人になればなるほどマイナスをイメージしない生き方が大事になるよね。

モンスター老人にならない為にも、道端にひっそりと咲く花に気付ける心のゆとりを持ち続けたいね(^_-)

美月

二人っていいなぁ〜…美月

毎日、人身事故の影響で運転見合わせ、もしくは遅延状況のメールが届くたび、またか…と思いつつ、大切な命が一つなくなったことより、スズメが近所を飛ぶように特別視することのない自分に気付く。

電車通勤する前は、先生の乗っている電車が止まってないか?

遅延に伴い車内にギュウギュウ詰めにされて嫌な思いをしていないか?

はたまた事故の背景に何があったのか?

何故、死を選ばなくてはならなかったのか?

残された家族は…

と、色々と思いを巡らせては、悲しい選択をしなければならなかった故人の無念に切なさを感じた。

でも立場変われば人変わると言うけれど⁈、通勤で電車を使うようになってからというもの、駅のホームで電車を待つ間、何事もなく会社に着ければ良いと、毎朝、思う。

一日のスケジュールが決まっているので変更は出来ないし、よほどのことがない限り遅刻や急な休みはもらえない。

だからこそ元気を心掛けているけれど、朝の感情のアップダウンが、体力、気力を削ぎ取ってしまうんだよね。

そんな時、何故か先生からメールが届く。

何でもない時間に、何でもないようなことだけど、先生からのメールが私の心を開いてくれる。

こんな時ね…二人っていいなぁ〜と思うんだよね。

みっちりとした人間関係が苦手な私が、初めて欲した相手が偏屈者の先生というのも可笑しな話だけどね。

でも、先生のおかげで命拾いしてると思うと嬉しいよね。

だからね…毎日、一通のメールが届いたら、命を落とさずにすんだ人もいるかと思うと切なくなるんだよね。

毎日の暮らしの中の小さなありがとうに感謝できることは幸せなことだと思っている。

「ありがとう」の積み重ねが私の歴史になっていると思うと、ちょっぴり誇らしい気持ちになる。

先生、いつもありがとう(^_-)

美月

紅殻格子の日記(163)  『野良猫』 第二章

紅殻格子の日記(163)  『野良猫』 第二章

男の動きが止まった。

ベッドに胡坐をかいて背を丸め、射精した避妊具を男根から外す姿が如何にもみすぼらしい。
何もそこまで毛嫌いせずともいいのだが、麻美には昔から底意地悪く男を値踏みする癖があった。
絶頂の余韻を楽しむかの表情をつくりながら、冷徹に男と別れる算段を考え始めた。

ベッドで煙草を燻らせながら、麻美はバスルームから出て来た男に話しかけた。

「ねえ、奥さんとは上手くいっているの?」

「えっ、ああ、まあね・・でも子供がいるから一緒にいるようなものだよ」

男は一瞬顔を曇らせたが、何かを取り繕うように素っ気なく答えた。

「遊び人なのね」

「そうでもないさ・・でもお互いに家庭があるんだから、できればこれからもスマートに大人の世界を楽しみたいね」

男が気障にそう答えた時、突然鞄の中でスマホのバイブ音が鳴り始めた。
慌てて鞄を開けた男は、顔を強張らせながらスマホを懸命にチェックした。

「奥さんからの連絡?」

「い、いや、家内とはほとんどメールなどしないからね」

麻美の想像が図星だったのか、我に返った男は再びスマホを鞄に投げ込んだ。
麻美はベッドから跳ね起きると、上半身を反らしてバストとヒップのラインを強調したポーズをとって見せた。

「あたしの身体と奥さんの身体、どっちが好みかしら?」

「そ、そりゃ君さ・・家内の身体なんか、ぶよぶよに弛んで無残なものだよ」

再び萎えた男根を半ば勃起させて、男は麻美の身体を執拗に撫で始めた。

(どこまで下衆な男なの?)

自分の妻を醜いと蔑んでまで麻美の身体を欲する神経が、最低の部類に属する性欲豚であることを証明していた。

つづく…


逢瀬に向かう車窓から…美月

今日は夕暮れ前の電車に乗っています。

私が少し仕事だったので夕方に逢えるようにしてもらったのですが、本当ならね、明日、逢えるのだから我が儘を言わなくてもよいものでしょうが、少しでも先生と過ごす時間を長くしたいと思ってしまいます。

逢いたい理由なんてないんだよね。

ただ一緒にいる時間が幸せで、常に先生の匂いが届く近さにいたいと思っています。

先生の匂いに惹かれるのはフェロモンなのかなぁ?

でも、アメリカの研究ではフェロモンを人間は認知できないそうだけどね。

じゃあ〜フェチかもしれないなぁ。

先生に対する執着と性的興奮はフェチ以外のなにものでもないようが気がするけど…どうかな(^-^)


この時間の車窓の景色を、数えきれないほど見ながら先生に逢いに行った日々が懐かしい。

逸る気持ちを抑えて仕事を切り上げ、急いで支度して電車に飛び乗り先生に逢いに行っていたんだよね。

一緒にいられるのは短い時間だったけど、それでも思い出が詰まっているよ。

出逢った日も、何気ない平日も、喧嘩した夜も、そして今、この瞬間も、先生のことを思う私がいる。

見かけはかなり古ぼけてしまったけれど、真っ赤な夕陽に負けないほどの熱情は健在です。

昔、先生の庭に咲いた熱情という薔薇を復活させたいなぁ。

先生に初めてもらった花の写真だからね。

この先も、私の心に咲く薔薇が色褪せぬようにね。

美月

追伸…そんなに薔薇が観たいたら、ちゃんと手入れに来い!と怒られちゃうよね。

そろそろ刈った草も伸びているだろうなぁ〜(~_~;)

プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR