FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

読者の皆様へ  (紅殻格子)

読者の皆様へ(紅殻格子)

ブログをリニュアルしました。
新しく『黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月』というタイトルで内容を一新します。

今までは、私、紅殻格子の『妄想の座敷牢』と愛人美月の『灰になるまで恋を』の二つを別々に主宰していましたが、年を経てお互いの状況が変わり、二人で一緒に居る時間が多くなり共通体験が増えてきました。

ならばこれからは二人で生きていく様を一つのブログを綴っていこうと考えた次第です。
(従来のブログは更新しませんが残してリンクしておきます)

この新しいブログのテーマは不良老人の生き様です。
私達は決して世間から褒められる生き方をしていません。

お互いに家庭がありながら、愛人関係を10年にわたって続けてきました。
しかし私達は籠の鳥になれない情熱に突き動かされてきたのも事実です。

それが若いうちなら未だしも、50歳を過ぎた今でも、二人で一緒なら何でも好きなことができるのです。
否、50歳を過ぎたからこそ、私達は籠を飛び出して自由な大空へ羽ばたけるのだと思います。

もう残りの人生は好きなことだけして生きていこう。

癌に侵されて死を見つめた私は、敢えて子供や親族、友人から不良老人と呼ばれても、しがらみを捨てて美月と自由を謳歌すべきだと改めて決意したのです。

真っ赤なスカイラインに乗り、五十の手習いで馬に乗り、愛人の美月にも一日二回乗り・・

おそらくエロも含めて皆様の嘲笑をかいながら、黄昏時に至った人生を、これから幸福の満月へと膨らむ三日月に喩えつつ、二人で好き勝手に残していきたいと思います。

妄想の座敷牢6
「妄想の座敷牢」

image3.jpg 
「灰になるまで恋を…」

逢瀬に向かう車窓から…美月

今日は大好きな東浪見に向かっています。

お盆の帰省客に加えて、天下の湘南で水遊びを楽しむ人達で車内は大変混雑しています。

さてと、引越地獄から何とか抜け出せそうです(^^)

あとは大型家具や衛生組合に出せないゴミを不用品回収業者に引き取ってもらい、最終の掃除をすれば完成となります⁈

いやいや完成としたいものです。

はぁ〜長かった。

でも、時間的には家を探して決めてから3カ月も経っていないんだけどね。

辛い時間は長く感じるものなんだなぁ(汗)

まあ、真夜中の片付け、ゴミ出しで平均睡眠時間三時間だったので、起きている時間の長さから考えると実際に長かったんだけどね。

やっとひと段落したら、睡眠不足のツケが回ってきたのか?やたらと眠くて仕方がない。

引越期間中、毎晩、魘された遅刻する夢も電車に乗り遅れる夢からも解放されつつある。

ただ、唯一の悪癖となってしまったのが、45リットルゴミ袋恐怖症で、物を見ると45リットルゴミ袋に入るか?買っても良いものか?と購買意欲が激減してる。

尚且つ、ほとんどの物を捨ててきたにも関わらず、まだ捨てられる物はないかと家の中をチェックして歩いているのだから心が休まることがない。

そんな時、心癒されるのは先生と過ごす時間だった。

この時間がなければ、子供3人、犬2匹、ウサギ1匹、亀三匹、全員皆殺ししていたかもしれない。

先生はみんなの命の恩人でもあるんだなぁ(^^)

今日も先生に逢える、この喜びが心の栄養ドリンクとなって元気を維持できているんだよね。

では、行ってきます(^-^)

美月


紅殻格子の日記(229) 離婚

紅殻格子の日記(229) 離婚

美月が引っ越しを言い訳にしてブログの更新を怠って申し訳ありません。

そういう私も夏の暑さにかまけてしばらくパソコンに向かっていませんでした。

異常な暑さですよ、本当に。

この日曜日も美月と炎天下の羽田を歩いてきました。

大半の皆さんは羽田と言っても空港しか知らないでしょう。

古くからある羽田の漁師街は、京急の天空橋駅と穴守稲荷駅の中間に位置する海沿いに位置しています。

近くに住んでいた美月に言わせると、家は綺麗になりましたが、細い路地が入り組んでいて昔の名残りを伝えているようです。

炎天下の羽田を歩いて昼飯は京急蒲田駅に近い台湾料理屋さんで楽しみました。

料理は美味しかったのですが、冷房の吹き溜まりみたいな席で骨まで凍ってしまいました。

急激な寒暖に身体と頭がおかしくなりました。

皆さん、本当に熱中症と冷房病には注意して下さいね。

さて、美月が引っ越しをするのを機に離婚すると言います。

新しい家を買わせてそこに美月と子供が住み、ご主人は別の女性と一緒になるとのことです。

美月にとっては人生の一大転機なのでしょうが、私にとってはあまり大きな変化とは言えないのが実情です。

不倫する愛人が離婚となれば本来は一大事です。

私も家内を亡くしていますから、再婚を考えるとか、一緒に暮らすとか、あれこれと浮足立つ局面なのでしょうね。

でもそこまで性急にはならないのです。

私も美月もほぼ現在の生活基盤は確立していますし、土日の逢瀬だけでも十分に満足して余りあるものだからでしょう。

生活のためとか、老後介護のためとか、伴侶を失ってから慌てて再婚相手を探す人もいますよね。

若いと連れ子が殺されたり、老いては資産目当てで殺されたり・・ずいぶんと悲惨な出来事もよく起こっています。

どちらも愛とはかけ離れた自分勝手な都合なのだと思います。

私も昔は遠距離恋愛など成立しないと考えていたのですが、毎日会わなくても愛情が持ち続けられるのだとわかりました。

だって休日二日間を二人で過ごすと、平日の五日間はその時間を振り返るだけでお腹いっぱいになるのですから・・・

でもお互いに子供が巣立ったら、その時は新しい生活をつくらないといけないでしょうね。

逢瀬に向かう車窓から…美月

今日は仕事の土曜日だったので、夕方から先生に逢いに行きます。

夕方といっても灼熱地獄に変わりなく、さすがに朝から熱射に当たっていると体力的に問題が生じてしまいそうです。

それでも先生に逢いたい執念が私を電車に乗せてくれました。

冷房の効いた車内でホッと一息。

あちこちで聞こえてくるお喋りの声が子守唄のように聞こえてきます。

もう、ダメ…おやすみなさい(^^)

美月

逢瀬に向かう車窓から…美月

おはようございます。

更新が遅れてすみません。

なんとか引越のラストスパートまで来ました。

月曜日の夜からは新居で暮らすことになりましたが、未だ出遅れている奴もいますのであとひと頑張りです。

そんな中、私は先生に逢いに行きます。

それも台風を横目に東浪見へと向かうのだから、かなりアナーキーではありますが、やはり先生と潮風が恋しくて状況無視でお出かけ決行です。

台風12号の影響で車内は比較的空いています。

でも、小さなスーツケースをコロコロしながら小旅行に向かう人のどんよりした顔が行儀良く列に並んでいます。

先週は泣く泣く先生に会えなかったので今週は何が何でも会うぞ!と鼻息の荒い私とは違いますね(汗)

ただ週末のスケジュールは風任せのようなところのある私達は、比較的ハプニングに強いタイプですので、予定変更があっても二人を楽しむ自信はあります。

まあ、二人でいれば空の色より心の彩りを大切にしたいからね。

あぁ〜早く先生に逢いたいなぁ〜。

今日はいつもより電車の走りが鈍いようです。

美月
プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR