FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

読者の皆様へ  (紅殻格子)

読者の皆様へ(紅殻格子)

ブログをリニュアルしました。
新しく『黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月』というタイトルで内容を一新します。

今までは、私、紅殻格子の『妄想の座敷牢』と愛人美月の『灰になるまで恋を』の二つを別々に主宰していましたが、年を経てお互いの状況が変わり、二人で一緒に居る時間が多くなり共通体験が増えてきました。

ならばこれからは二人で生きていく様を一つのブログを綴っていこうと考えた次第です。
(従来のブログは更新しませんが残してリンクしておきます)

この新しいブログのテーマは不良老人の生き様です。
私達は決して世間から褒められる生き方をしていません。

お互いに家庭がありながら、愛人関係を10年にわたって続けてきました。
しかし私達は籠の鳥になれない情熱に突き動かされてきたのも事実です。

それが若いうちなら未だしも、50歳を過ぎた今でも、二人で一緒なら何でも好きなことができるのです。
否、50歳を過ぎたからこそ、私達は籠を飛び出して自由な大空へ羽ばたけるのだと思います。

もう残りの人生は好きなことだけして生きていこう。

癌に侵されて死を見つめた私は、敢えて子供や親族、友人から不良老人と呼ばれても、しがらみを捨てて美月と自由を謳歌すべきだと改めて決意したのです。

真っ赤なスカイラインに乗り、五十の手習いで馬に乗り、愛人の美月にも一日二回乗り・・

おそらくエロも含めて皆様の嘲笑をかいながら、黄昏時に至った人生を、これから幸福の満月へと膨らむ三日月に喩えつつ、二人で好き勝手に残していきたいと思います。

妄想の座敷牢6
「妄想の座敷牢」

image3.jpg 
「灰になるまで恋を…」

逢瀬に向かう車窓から…美月

今日は仕事だったので午後から出かけています。

お盆休みも残り2日ともなると、出かける人が限られてくるのかな?

仕方なく買ったお土産の紙袋、ぐったりお疲れの様子から見ると帰省客でしょうかね…ご苦労様です。

先生も書いてくれましたが、先週は、「日本の素朴絵展」を鑑賞してまいりました。

笑いに行ったつもりでしたが、警備員さんに怒られてしまいガッカリでした。

もちろん警備員さんに罪はありません。

でもね、走り書きだったり、漫画チックだったり、鑑賞目的に書かれた作品ではなく、タイトルどおり素朴絵なんですよね。

おならでブー作品も笑ってあげないと作品は完成しないんだけどなぁ〜。

吉本喜劇を見に行ってウンチク語るほど野暮なことはないよね。

それならタイトルは「笑ってはいけない絵展」とすればいいのにねぇ〜(^^)

まあ、絵心などない人間が絵画を見に行くこと自体、お粗末さんだけど、玄人としか集まらない絵というのも味気ないものたと思うけどね。

でも、いつも思うことだけど、先生は自由な想像を許してくれるんだよね。

色んなことを知っている先生だから、私の想像に間違いがあれば指摘したくなるだろうけど、固定観念に囚われず自由に語らせてくれる。

歴史を覆すことはできないけれど、一枚の絵が与えてくれる未知の部分を二人で想像し語り合うことで、絵は生き物へと変わっていくんだよね。

だから絵を見て楽しいと思うし、一人で見る何倍も印象に残るからお土産品はいらないんだよね。

まあ、お金を払って見に行かなくても、駅のポスター、電車の中吊りでも同じように作品を楽しむことができる。

本当に先生には恥ずかしい思いをさせてしまいましたが、以前から行きたいと思っていた素朴絵を見に連れていってくれてありがとうございました(^-^)

美月

紅殻格子の日記(279) お盆休み

紅殻格子の日記(279) お盆休み

とうとう今年のお盆休みも土日を残すだけとなりました。

読者の皆様は楽しい日々を送ることができましたでしょうか?

私は三勤二休で今週の平日を過ごしました。

年を取るとこのぐらいの勤務体制が楽であろうと実感してしまいます。

8月23日で57歳・・私も美月もまだそんな弱音を吐く年ではありませんが・・

私が勤める会社では、夏期休暇は7月~9月の間で、好きな日を選んで5日間休めばいい決まりになっています。

ですからお盆休みの期間は、得意先の休暇に影響のない内勤職などにとっては出勤した方が楽なのです。

通勤も座れますし、人が少ない静かな事務所でゆっくりと考え事もできます。

お盆は働いて、海外旅行の料金が安くなる9月にまとめて休みを取る若い女性も多いことでしょう。

人間の感覚としてお盆は無くなりつつあるのかもしれませんね。

我々が子供の頃は親も一斉のお盆休みでしたから、よく大混雑する海水浴に連れて行かれました。

横浜に住んでいると普通は三浦海岸、ちょっとした家族旅行になると、伊豆や内房まで出掛けましたね。

それこそ電車は家族ラッシュで、浮き輪を膨らまして電車に乗る子供達もたくさんいたものです。

今思うと・・両親も大変だったでしょうね。

両親ともせっかちになってイライラしていたように思います。

高度経済成長時代ですから、隣の家には負けられない競争意識が強かったのでしょう。

でも楽しかった。

親と旅行へ行くこと自体、庶民にはなかなか機会がない時代ですから、すごく疲れましたが嬉しかったと記憶しています。

海辺の民宿でトンカツやスパゲティーを何故夕食で食べたかはわかりませんでしたが・・

両親が必死に子供を楽しませようとする姿を思い出し、この年になって私は有難かったと涙を流しています。

本当に両親は無償で子供を愛してくれました。

親父もお袋も亡くなってしまいましたが、ますます感謝の気持ちが強くなっていくようです。

親の恩 夜降る雪に 音もせん

仏壇にお線香を上げましょう。

紅殻格子の日記(278) 素朴絵

紅殻格子の日記(278) 素朴絵

先日、美月と三井記念美術館へ行って『日本の素朴絵』展を観て来ました。

はっきり言うと昔の下手な絵を集めて展示しているわけですが、その中に数幅の地獄絵が混じっているため美月の期待は膨らむばかりです。

まず出て来たのは尾形光琳の『竹虎図』に二人で大笑い

有名な作品なのですが、どう見ても下手糞な絵で我が家のルナちゃんに似ています。

100.jpg 

勿論、楽しみにしていた地獄絵もありました

地獄の鬼に切り裂かれている亡者や地獄の釜で茹でられる亡者に大笑い。

確かに絵が下手なので悲惨と言うよりも滑稽なのです。

大騒ぎして笑いこけている二人は、とうとう警備の人から注意を受ける事態となってしまいました。

まあ、五十代半ばの男女としてはお恥ずかしい限りですが、そもそも小難しい顔をしてじっと観る芸術作品ではありません。

主催者の意図も考えると、是非楽しく会話を膨らませながら楽しんで貰いたい絵画を集めているはずなのです。

逆に大騒ぎして楽しんで貰うのが主催者の狙いなのですから。

日本人ってそういうものを前にすると妙に畏まってしまいますが、芸術なんてものはそれを触媒にして議論を深めあうものでしょう。

一人で訪れるのはまだいいとしても、難しい顔をして解説のイヤホンに頷いている似非インテリなどは愚の骨頂です。

話し合える人もいない寂しい人生を送っているんでしょうね。

そうそう、ちなみに警備員に注意されたのは放屁で魔物を退治する絵巻を前に、美月が「おならでブー!」と大声で笑ったためです。

決して警備員さんに罪はありません。

芸術は楽しむべきものですが、私もあの時は他人になりたかったからです。

more»

逢瀬に向かう車窓から…美月

午前中、仕事だったので、午後の一番暑い時間から出動です。

茹だる暑さに外出を控える人もいるのかな?

私はというと、ふやけたお麩と化した人達を尻目に活き活きとしています。

夏生まれだからかな、暑くても夏が好きなんですよねぇ(^^)

夏の夕暮れは、日が沈むまで気持ちに余裕が持てる。

追われるように家路につき、家事をこなす冬とは違って、帰り道、空を見上げる時間があるのは嬉しい。

これも仕事をしているから思うことであって、専業主婦であれば、ほっと一息つける時間を贅沢とは思わないかもしれないよね。

子供の頃、路地裏では大家さんが夕方になれと打ち水をしてくれた。

路地の塀沿いに連なって並べられた植木鉢に目新しい花はなかったけれど、それでも都会のオアシスの役目を十分果たしてくれていた。

開けっ放しの窓から部屋の中を覗くと扇風機がぶうんぶうんと音を立てて回っている。

少しでも涼しく感じるようにと、扇風機の柵に七夕の残りの色紙を細長く切って括りつけられていたなぁ。

夕方になると風鈴の音が鳴り始めるんだよね。

風向きが変わると夕立ちが来るから楽しみでね…背丈より高い塀に跨り雷を待っていた。

大きな落雷、激しい豪雨、心の中に降り積もった灰も一気に流されてしまえばよいと思った。

はっきりとした不満があるわけではなかったけれど、なんか面白くなくてね。

幸せそうな人を見るとモヤモヤっとして、不幸な人を見れば歯痒い気持ちになった。

私はどちらにも含まれていないけれど、決して真ん中の暮らしをしているわけではないこともわかっていた。

子供時代は自分の力ではどうにもならないことばかりだったから早く大人になりたいと思っていた。

大人が自由に見えたのは幻だったけれど、私は過去一度も、あの日に帰りたいと思ったことがない。

そんな叶わない願いに時間を費やせるほど暇な時間なんてなかったのかもしれないなぁ。

今も、先生と遊ぶことに忙しくてね…落ち着いた大人になりきれていないけれど、子供の頃に描いていた人生より楽しいことが沢山見つかった。

子供の頃と変わらず意地悪だけど、最近はね、幸せな人を真っ直ぐに見れるようになったよ。

でも、先生はね、相変わらず私の顔を正面から見ない。

少し斜向かいに、私が見えないうちに、こっそり見ては見てない振りをしてる。

そんなに怖いのかなぁ〜?

どんなにもがいても、もう逃げられないのにね(^-^)

美月

プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR