読者の皆様へ  (紅殻格子)

読者の皆様へ(紅殻格子)

ブログをリニュアルしました。
新しく『黄昏時、西の紅色空に浮かぶ三日月』というタイトルで内容を一新します。

今までは、私、紅殻格子の『妄想の座敷牢』と愛人美月の『灰になるまで恋を』の二つを別々に主宰していましたが、年を経てお互いの状況が変わり、二人で一緒に居る時間が多くなり共通体験が増えてきました。

ならばこれからは二人で生きていく様を一つのブログを綴っていこうと考えた次第です。
(従来のブログは更新しませんが残してリンクしておきます)

この新しいブログのテーマは不良老人の生き様です。
私達は決して世間から褒められる生き方をしていません。

お互いに家庭がありながら、愛人関係を10年にわたって続けてきました。
しかし私達は籠の鳥になれない情熱に突き動かされてきたのも事実です。

それが若いうちなら未だしも、50歳を過ぎた今でも、二人で一緒なら何でも好きなことができるのです。
否、50歳を過ぎたからこそ、私達は籠を飛び出して自由な大空へ羽ばたけるのだと思います。

もう残りの人生は好きなことだけして生きていこう。

癌に侵されて死を見つめた私は、敢えて子供や親族、友人から不良老人と呼ばれても、しがらみを捨てて美月と自由を謳歌すべきだと改めて決意したのです。

真っ赤なスカイラインに乗り、五十の手習いで馬に乗り、愛人の美月にも一日二回乗り・・

おそらくエロも含めて皆様の嘲笑をかいながら、黄昏時に至った人生を、これから幸福の満月へと膨らむ三日月に喩えつつ、二人で好き勝手に残していきたいと思います。

妄想の座敷牢6
「妄想の座敷牢」

image3.jpg 
「灰になるまで恋を…」

逢瀬に向かう車窓から…美月


今日は土曜日出勤だった。

ポカポカとした日差しに、あぁ〜仕事をしているのが勿体ないなぁ〜と思いつつ、あれ?時給で働く身としては、お金が入るのに勿体ないとは不思議だと一人苦笑してしまいました。

今日はスカイラインのリコールもあって、先生は日産に納車してから横浜デートです。

どうしても逢おうとするシツコさに申し訳ないと思うこともあるけれど、定時まで仕事をすると今日は逢えなくなると思ったので、早上がりをお願いして夕暮れ迫る電車に乗っています。

たまには疲れている先生を解放してはあげればいいとは思っているんだけどね。

でもね、心って分割してる部分があるから、愛一つとっても右と左で言うことが違ってしまう。

花占いのように花びらを散らせながら、好き、嫌いと唱えつつ、嫌いで終われば迷信だといい、好きと出れば頬がポッと熱くなるのが恋心。

ズルくたっていいんだよね。

だって独り言なんだからね(^-^)

仕事を急いで終わらせて、先生に逢いに向かった夕暮れの車窓が懐かしい。

窓に映る私の顔が、私の知らない女の顔に見えていた。

今もあの頃のことを思い出すと胸がキュンとする。

先生と出逢えてよかったと、何度、思っても思いたりないほど恋してる、55歳のおばさんがいても世の中面白くていいよね。

昔からね、バカは死ななきゃ治らないらしいから、灰になるまで恋するつもりです。

追伸…バカは死んでも治らないこともあるらしいから
、その時はこの世に蘇り再び先生に恋します(^-^)

美月














紅殻格子の日記(192)  嗚呼、チバニアン。

紅殻格子の日記(192)  嗚呼、チバニアン。

この日曜日、いつものように東浪見からの帰り道、養老川に沿って房総半島の中央を北上していた時のことです。

田淵という集落に、人の群れと臨時バス停ができていました。

普段よく通る道なのですが、今まで住民の姿など一度も見かけたことのないところです。

美月と首を傾げながらしばらくして、そこがチバニアンの発見された崖があることに気づきました。



千葉県市原市にある地層が、地球の歴史で約77万~12万6千年前の時代を代表する標準地に認められる見通しとなった。茨城大学や国立極地研究所などの日本チームとイタリアチームが競っていたが、国際学会の専門部会での投票で日本チームの申請を妥当だとした。ラテン語で「千葉時代」を意味する「チバニアン」と命名されることが濃厚になった。
日本の地名が採用されれば初めて。日本チームは2017年6月、市原市の養老川沿いに露出する、地球の磁場(地磁気)が逆転した痕跡を残す「千葉セクション」という地層を申請していた。日経新聞より。


私と美月は大笑いしました。

その名もない崖がここ一、二カ月で既に観光地化されていたわけです。

森田健作知事の策略か、小湊鉄道の商魂か、この間まで誰も近づかなかった川沿いの崖に人々が列をなしているのです。

しかも並んでいる人々はどう見ても地質学者ではなく、歩こう会で訪れたであろう老人達に他なりません。

だってあるのはただの崖ですよ。

地質学の専門家でもない人が見ても、ただの崖にしか見えないんですよ。

次第にwalking dead、生ける屍を見て背筋が寒くなりました。

おそらく田淵集落に集まった人々は、地磁気の逆転現象さえも知らず、ただテレビでやっていたから行ってみようと思ったのでしょう。

翌日、「私はチバニアンを見てきたわよ」と自慢したいだけのために。

でも「それがどうして騒がれているの?」と聞かれたら、誰も答えることなどできないのではないでしょうか。

日本は豊かになったのですから、少しは精神的な豊かさも求めませんか?

他人から指示されるのではなく、権威に盲従するのではなく、自分が素晴らしいと感じるものを大切にしませんか?

そのチバニアンの近くに、月崎駅と上総大久保駅を結ぶ林道があります。

そこは夏に初めて通った時、青々とした紅葉が延々と植えられていました。

宣伝も何もされていませんが、きっと12月に入ったら綺麗だと思いますよ。





逢瀬に向かう車窓から…美月

寒々しい朝ですが、気持ちは小春日和です。

今日は、先生がサッカー応援をサボってくれたので東浪見に行くことができました。

会社のサッカーチームの試合観戦となると完全に仕事だと思うけれど、先生、嫌味を言われながら断ってくれました。

う〜ん、これでいいのかなぁ(^_^)

週末を東浪見で過ごすようになって三年経ちますが、今でも…ううん、行き始めた頃より穏やかな時間を過ごせています。

TUTAYAで古い映画を繰り返し借りて、旬の食材が出ていると大騒ぎで買い物して、同じ店でお昼ごはんを食べて、大好物の日本酒を買って、生きた水を汲んでいく。

何度も同じことを書いていますが、いつまでも描きたい生活習慣です。

金曜日は浮かれているらしく、会社で名前を知らない人から「いつも元気で楽しそうでいいですね!」と言われることがあります。

年齢を聞かれて55歳というと、30代、40代の自由な立場の方から、年を取る励みになると褒められて今の自分を振り返る。

顔や体型は年齢相応だけど、50代で浮かれてる脳天気ババアは少ないのだろうと思う。

先日、先生とも話したけれど、結婚しない人達が増えているのは、既婚者が結婚の良さを語らないからじゃないかな⁈

「おい、結婚はいいぞぉ〜、お前も早く結婚しろ!」

…と、ニヤリと夫婦生活を回想しながら部下に結婚を促す上司もいなければ、旦那の小自慢、子育ての楽しさを語る主婦も居なくなった。

いつからそうなったのかわからないけれど、昔の方が選択肢が少なかったはずなのに、自由が不幸せを呼ぶとは不思議だよね。

朝のワイドショーで歴史の教科書が変わると言っていた。

街角インタビューでは、好きな偉人が消えることがどうしても納得できない人達が多かったけど、坂本龍馬やマリーアントワネットにしても、継続して好きでいればいいだけのことではないかと思った。

それもね、親戚でもない、まるっきり赤の他人のことで腹を立てたり意見したりできる人は一体何者なのだろうかと思う。

まあ、私の場合も先生の小説に出てくる人物が現実に生きている人となっているから同じことなのかもしれないけどね。

あっ、ここ、嫌味ねっ(^^)

さて、性格の悪さが出たところで、今日も私は元気であることを実感する。

いつか、訳もわからず、世の中全てに感謝しだしたら死期が近いんだろうなぁ〜。

まあ、こんな意地悪カップルとお付き合いしてくれている皆様だからこそ威張っていうけれど…

憎まれっ子世に憚るでいいよねぇ〜( ^ω^ )

美月

紅殻格子の日記(191)  食べログにうんざりする。

紅殻格子の日記(191)  食べログにうんざりする。

世の中にはいろいろと食べ物の蘊蓄を語りたがる馬鹿がいるものです。

食べログなるものの口コミを読んでいると、こいつは阿呆かと思わせるものが実に多い。

先日、実名を出しますが、『銀座 鮨 わたなべ』という店に連れて行ってもらいました。

評価は3.85点ぐらいついているのですが、客を馬鹿にしたような店で腹が立ちました。

その高級店はカウンター9席、個室4席があると書かれていますが、接待なので個室を取ってくれたのが裏目に出ました。

個室と言っても店に備え付けられた荷物置き場みたいに狭いところで、台形に仕切られているので絶対に3人しか入れません。

これは鮨を食べる以前の問題です。

基本的にカウンターしか入らない面積の店舗に無理矢理個室を設えたのでしょう。

これで金を取る店主の根性が気に入らない。

客をカバン扱いして何が名店なのか・・・それと国酒のラインナップが酷い。

絶対に酒の美味さを探究したことがない店主のなせる技でした。

それとコースで食べさせるのなら、お腹一杯食べさせて欲しいね。

量が少ないのが上品だと勘違いしているのか・・・だったらお土産に稲荷ずしなど渡さないで欲しい。

金持ちのつもりかコスパがいいなどと書く奴がいるけど、15,000円も出して帰りにラーメン食べなければならないのはそうなのでしょうかねえ?

まあ、悪口はいくらでも書けるのですが、昨夜、美月と晩飯を食べる店を探していて、御徒町駅近くで『中華珍満』という店を見つけました。

路地裏の汚い中華料理屋に分類される外観ですが、店から漏れる匂いを嗅げば大体味は想像がつきます。

美月と私は顔を見合わせて頷くとすぐに店に入りました。

見た目は昔の日本式中華料理屋ですが、満席の客の顔を見ればかなり期待が持てそうな感じです。

「餃子と焼きそばは売り切れたけどいいですか?」と言われて名物はすぐわかりました。

別に有名な一品を頼まなくても、ラーメンとチャーハンを食べれば、その店のレベルはすぐにわかってしまいます。

食べてみると、昭和40年代どこにてもあった日本人が経営する中華料理屋の味でした。

懐かしいという感じの化学調味料たっぷりのラーメンとチャーハン、否、焼き飯でした。

これはこれでいい。

しかし食べログを帰って見ると、何と評価3.56点、やはり物凄い人気の店でした。

でもね、口コミにチャーハンも美味いと書かれていますが、これは昔何処にでもあったチャーハンです。

決して美味くはなくて懐かしいが正解です。

実際、千葉は久留里にある喜楽飯店には少し負けると思います。

それはどうでもいいんですが、食べログの口コミを書く人は、権威づけなど排除して自分の舌を素直に書いて下さいね。

人がいいと言ったからいいのではありません。

もっともっと悪口を見つけて、いい店にしてあげることが大切なのですよ。

プロフィール

不良老人カップル

Author:不良老人カップル
___________

(♂) 紅殻格子(べんがらごうし)
1962年8月23日生まれ。
某大手企業に勤めながら官能小説を雑誌に発表する兼業作家。ブログ『妄想の座敷牢』を主宰するも、2012年、妻を亡くし、また自身も食道癌に罹り、文筆活動をしばらく停止していた。

(♀) 美月
1962年8月23日生まれ。
3人の子供と夫を持ちながら家業の役員を務める兼業主婦。ブログ『灰になるまで恋を』を主宰。 偏屈な紅殻格子と10年に及ぶ愛人関係を続けられる自身もまた偏屈で変わり者。
___________

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
想い出の引き出し
画像をクリックするとアルバムが開きます
ブログランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR